WiFiでどうぶつを救う寄付活動ができる。

どうぶつWifi

 

どうぶつの福祉に興味がある方で、インターネット回線を申込もうと思っている方に話題の「どうぶつWiFi」について説明したいと思います。

 

一言でいうと、インターネット回線にWiMAXを選んで申込むと、その使用料である月額料金の中から、毎月100円が「日本動物福祉協会」に寄付されるというものです。

 

とはいっても、日本動物福祉協会ってどんなところで、どんな活動をしているのか?寄付はどのような活動に使われるのか等が気になりますよね?

 

 

自称愛犬家や愛猫家という人は多いと思います。

 

でもその中で犬や猫をかわいがるだけではなく、その背景にある問題に対して考えている方はどれくらいいるのでしょうか。

 

 

少しの寄付しかできないけれども・・

 

まずはそれだけでも十分だと思います。

 

少し考えてみて、少しでも行動に移す。

 

そんな機会を与えてくれるのが「どうぶつWiFi」かも知れません。

 

 

 

どうぶつWifiはどんな会社が運営しているの?

会社のイメージ

 

どうぶつWifiを運営してるのは、アドベント株式会社といって、コンピューターや周辺機器の販売、情報処理やソフトウェア開発を行っている会社になります。

 

俗に言うWiMAXの販売代理店であるプロバイダといっていいでしょう。

 

アドベント株式会社のサービスの一環として、WiMAXを提供する事業があり、日本動物福祉協会と提携して「どうぶつWiFi」を運営しているわけです。

 

 

日本動物福祉協会とはどんな活動をしているの?

犬と猫

 

動物愛護協会というと、何となく聞いたことがあるのですが、動物福祉協会とはどういった協会でどういった活動をしているのか?そもそも信用できるのかを調べました。

 

日本動物福祉協会とは?

動物を虐待から守り、あらゆる「いのち」に優しい社会を築くために1956年に設立された協会で、活動費はすべて会費と寄付でまかなわれている協会です。

 

動物福祉とは?

この協会でいう動物福祉とは、動物が精神的にも肉体的にも健康で、幸福であり環境も整った状態であることを言うようです。

 

 

かわいがるだけではなくて、現代で幸せに生きるための配慮ができているかということですね。


 

日本動物福祉協会の活動内容は?

細かくは数えきれないほどになるので、まとまめると

 

・動物愛護管理法の周知活動
・不妊・去勢の普及活動
・飼い主さがし
・災害時の被災した動物の救援活動

 

その他にも、セミナーを開催したり、動物愛護の作文コンテストを開催したりしているようです。

 

 

インターネット回線をWiMAXにすることで、日本動物福祉協会の活動の助けになるのが「どうぶつWiFi」です。

 

どうぶつWifi(advent WiMAX)について

WIMAXの機器

 

どうぶつWifiはアドベント株式会社が運営する「advent WiMAX」を契約することで、その料金の一部を毎月、日本動物福祉協会に寄付するサービスのことを言います。

 

WiMAXとは、インターネット回線の一つで、光回線のように工事をしなくても、コンセントに挿したり、充電するだけで、自宅または好きな場所でインターネットに接続できるようになります。

 

 

自宅専用のホームルーターと、ポケットWiFi型の持ち運びができるWiFiルーターを選ぶことができるのが、WiMAXの特徴なんです。


 

どうぶつWifiの料金について

WiMAXの料金には2つのプランがあります。

 

無制限プランの「ギガ放題」と、月に7GBまでの「ライトプラン」です。

 

ギガ放題 無制限プラン
ライトプラン 月に7GBまでの制限があるプラン

 

月に7GBぐらいならスマホの容量を増やしてテザリングをした方が安くつくので、どうせなら無制限のギガ放題にした方がコスパも良くてお得だと思います。

 

ギガ放題 ライトプラン
4,380円→4,280円 3,696円→3,596円

 

通常のUQ WiMAXの料金に比べて、advent WiMAXは100円安いうえに、100円が日本動物福祉協会に毎月寄付されるということになります。

 

通常よりも100円安い さらに100円寄付

 

 

自分も安くて、寄付もできるということですね。


 

もっと寄付できて自分も安くなるWiMAXがある

 

どうぶつWifiことadvent WiMAXですが、UQ WiMAXよりも100円安いうえに、ルーターの代金も0円で、自動的に寄付が行われます。

 

その他の条件も、UQ WiMAXとほぼ同じなので、料金が安いからと言って、サービスが悪いというようなことはありません。

 

WiMAXは、どこで申込んだとしても、使う回線が同じなので、通信環境も同じなんです。

 

 

つまり「どうぶつWifi」だと、毎月100円が自動的に日本動物福祉協会に寄付されるわけですが、もっと料金が安くなれば、それだけ寄付することもできますし、自分が支払う料金を安くすることができます。

 

プロバイダ

 

WiMAXには、数多くのプロバイダが存在して、さまざまなキャンペーンを展開しています。

 

どうぶつWifi(advent WiMAX)の場合
4,380円のギガ放題 → 4,280円(100円寄付)

 

4,280円のギガ放題が、キャンペーン適用で実際にどれくらいの月額料金になるかを、ランキングにしたので確認してみてください。

 

 

11月のランキングはコレや!

スマホはスクロール→

順位

キャンペーンタイプ

実質月額 主な特徴 公式サイト

1位 とくとくBB
キャッシュバックキャンペーン

約3,320円

・総額最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


2位 とくとくBB
月額割引キャンペーン

約3,360円

・月額料金最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


3位 JPWiMAX
月額割引+ギフト券

約3,600円

(3,349円)

・契約後すぐギフト券
・もらい忘れがない
・月額も安い

星4.5


4位 BIGLOBE
キャッシュバックキャンペーン

約3,417円

・月額値引きも選べる
・口座振替ならココ
・即日発送対応

星4


5位 Broad WiMAX
月額割引キャンペーン

約3,520円

・他社から乗り換えお得
・口座振替に対応
・即日発送対応

星3.5


6位 DTI WiMAX+ 約3,534円 ・初月と翌月0円
7位 カシモWiMAX 約3,541円〜 ・旧機種が安め
8位 So-net 約3,950円 ・サポートの充実

 

どうぶつWifiではUQ WiMAXと比較して、100円安くなるだけでしたが、他のプロバイダなら安いところで1,000円以上も安くなることがわかりますよね。

 

WiMAXの契約期間は3年ですが、どうぶつWifiだとその寄付金は総額でも約3,600円です。

 

上記のキャンペーンなら、総額で3万円以上は安くなるわけですから、もっと有意義にお金を使うことが可能だというわけです。