jpWiMAXのキャンペーンにデメリットあり!やで。

最近WiMAXのプロバイダでJpWiMAXってゆうとこが評判らしいねん。

 

 

ジェーピーワイマックスって読むんやけど、なんかキャンペーンがすごいんやって。


  • 5カ月実質無料
  • 月額料金を3年間ずっと割引
  • Amazonギフト券16000円分プレゼント

 

 

これが評判の理由やね。


 

でも早合点はよくないで。

 

安そうに見えても、実際はたいしたことないキャンペーンが多いからな。

 

 

そこでJpWiMAXのキャンペーンをよーく調べてみることにしたわけや。


 

結論から言うとな、そこそこ安いキャンペーンの部類には入るんやけど、デメリットも多いことがわかってん。

 

そのデメリットは、他のプロバイダにはないものやから、あえてリスクを背負ってまでjpWiMAXで申込む必要はないということや。

 

最近評判のjpWiMAXのキャンペーンの概要と、デメリットについて説明していくで〜。

 

 

トップページへのリンク

 

 

JpWiMAXの月額料金は安い?割引額は?

JPWiMAXの料金表

画像引用元:jpWiMAX公式サイト

 

最初に言っておくと、JPWiMAXは3年契約で、プランは無制限の「ギガ放題」しかないということや。

 

7GBプランはないから、jpWiMAXで申込むことはできひんで。

 

そのギガ放題の月額料金が、どれだけ安いのか、基本的な料金のUQ WiMAXと比較してみたで。

 

最初の3カ月
※初月を含む

4〜24カ月 25〜37ヶ月
JpWiMAX

2,800円
※初月は日割り

3,500円 4,100円
UQ WiMAX

3,696円
※初月は日割り

4,380円 4,380円

 

4,380円 → 平均約3,620円

 

最安級とは言わんけど、そこそこ安いんはわかるやろ?

 

 

あれっ5カ月実質無料はどうなったん?


 

問題はそこやねん。

 

5カ月実質無料ってゆうのは、Amazonギフト券16,000円分のことを言ってるみたいや。

 

Amazon券16,000円分 ≒ 5か月分の月額料金

 

「ギフト券を16,000円分あげるんやから、5カ月タダみたいなもんやろ?」ってゆうこっちゃ。

 

 

特典はひとつやのに2つあるような言い回しやな。
Amazonギフト券で月額料金が支払えるわけやないから、厳密には実質無料とはいいがたいんとちゃうの。


 

Amazonギフト券は最初にもらえるのは1万円だけで、残りの6千円は1年後やから、それも気をつけなアカンで。

 

JpWiMAXの26社料金比較には騙されたらアカンで!

 

 

JpWiMAXの公式ページの中に「WiMAX全26社、一括料金比較ページ」ってゆうリンクが貼ってあんねんけど、これに騙されたらアカン!


 

26社のWiMAXのキャンペーンを比較してる「WiMAXキャッシュバック.com」で、最安値No.1に選ばれましたっやってるわけや。

 

おそらく自作自演やと思うけど、いっぱしのプロバイダを名乗る会社が、運営情報も適当にしか書いてない比較サイトで「最安値No.1」に選ばれましたって、自慢してることがおかしいことやと思うわ。

 

 

でもホンマに安くないと1位にはなられへんのと違うの?


 

比較は総額で比較してるんやけど、JpWiMAXだけ他のプロバイダよりも契約期間を1カ月短くするという、セコイ手を使って安く見せてるのもあるけど、たしかにAmazonギフト券を現金として考えたら、ある意味最安値No.1といえるかも知れへんわ。

 

でも問題は、月額を安くしたりAmazonギフト券をあげたりする特典の分を、どこから回収してるかやねん。

 

それは違約金や!

 

最近はスマホの違約金を見直して、1000円を上限にしようかっていう電気通信事業法を改正する流れやのに、JpWiMAXは逆行して料金を釣り上げてるんやから、総務省もビックリやで。

 

さらには、違約金以外にも、法外な端末代を請求するんやから、消費者センターに相談レベルやな。

 

 

JpWiMAXのデメリットを暴露!違約金と端末代がえぐい!

JpWiMAXのデメリットである違約金と端末代について、もう少し詳しく説明していくで。

 

更新月以外に解約するときは、違約金がかかるんは知ってるやろ?


 

途中解約をする状況は、誰にでも起こりうるわけや

 

契約の途中で解約するための、契約解除金を違約金というねん。

 

 

更新月を覚えてる人なんて、実際にはあんまりおらへんのと違う?


 

だから、違約金を適当に考えてたら、いざという時に無駄なお金を払わなあかんようになってしまうんやで。

 

まずはWiMAXの通常の違約金を説明するで。

 

 

WiMAXは機種代0円やから、その分最初の2年間はちょっと高めやねん。

  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目以降:9,500円

 

 

2万円相当の機種代が、タダでもらえるんやからしょうがないね。


 

3年目からはふつうというか、スマホとかと同じような料金になるわけや。

 

 

でもなJpWiMAXの違約金はえぐいで。


  • 1年目:30,000円
  • 2年目:25,000円
  • 3年目:25,000円
  • 更新月以降:9,500円

 

 

通常よりも1万円以上高いやん!!


 

これだけやないねん!

 

24カ月以内に解約した場合は、端末代も請求されるんやで。

 

 

端末代金は全て0円とちゃうの?


 

ほとんどのプロバイダはそうや。

 

途中解約しても、端末代を請求されることはないわ。

 

でもjpWiMAXは、24カ月から利用した月数を引いた残りの月数×1,600円を払わなあかんらしい。

 

たとえば10カ月で解約した場合

 

24カ月−10カ月=14カ月
14カ月×1,600円=22,400円

 

これに違約金の3万円がプラスされるわけや。
端末代22,400円 + 違約金30,000円=52,400円
※通常は違約金の19,000円だけ。

 

最悪1カ月目に解約したとしたら、端末代だけで24カ月×1,600円の38,400円も払わなあかんことになるんやで。

 

そもそもWiMAXの機種って20,000円位やのに、その倍近く請求するって法的にどうなんやろうな?


 

 

結論!JpWiMAXはおすすめできひん!

 

JPWiMAXをおすすめできない理由

  • 5カ月実質無料ではない
  • 契約期間が違うのに、比較の仕方がフェアじゃない
  • 違約金が高すぎる!※1万円以上
  • 端末代が高すぎる!※ほぼ倍

ついでに言うと、選べる端末も少ないし、プランもギガ放題だけや。

 

とにかく、途中解約せなあかんようになったら、他のプロバイダでは請求されへんお金を、何万円も払わなあかんようになってしまうのは、リスクが大きすぎるわ。

 

 

通常の違約金、機種代も0円でお得なキャンペーンはいっぱいあるんやで!


 

いちばんのおすすめは、もらい忘れのリスクもなくて、手続きも必要ない「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン」やわ。

 

4,380円のギガ放題が、約3,360円(平均月額)やから、月々の支払いも安くて助かると思うわ。

 

その次が、同じく「GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン」や。

 

11カ月後に手続きがいるけど、貰える額は最高額やし、Amazonギフト券ではなくて現金やから、好きなことに使うことができるねん。

 

 

ウチは温泉に行きたいから、やっぱり現金が欲しいわ〜。


 

月額の安さで選ぶ!4,380円→約3,360円
>>GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

 

高額な現金がもらえる!3万円以上
>>GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

 

条件で選べる、今月のランキング
>>自分でキャンペーンを選びたい人はこっち!