WX05のホンマの速度を測ったから公開するで!

WX05

 

WiMAXのNEC製の最新機種と言えば「Speed WiFi NEXT WX05」や。

 

WiMAXにはファーウェイ製の機種もあるんやけど、ファーウェイ問題もあってか、NEC製の機種に人気が集まってるみたいやで。

 

 

 

解約を考えるぐらい、ファーウェイ問題を重視してる人も多いんや。


 

実際にファーウェイ製の機種やからどうこう言うことはないとは思うんやけど、WiMAXにはNEC製の機種があるんやから、無理してファーウェイ製の機種を選ぶことはないってゆうわけやな。

 

そんなNEC製の機種「Speed WiFi NEXT W05」の実測を測ってみたから公開するで!

 

 

WX05の実測を公開する前に最低限知っとくこと

実測ってゆってもWiMAXは、通信モードとか周波数帯域を設定することができるから、それについて知っとかなアカン。

 

 

WX05の公表されてる速度は?

 

WX05の最大下り速度は440Mbpsで、上りの最大速度が30Mbpsや。

 

下りってゆうのはダウンロード、つまり受信するときの速度の単位やな。

 

動画とかみたり、画像をみたりするやろ?

 

下りが遅かったら、動画の読み込みに時間がかかったり途切れたりするわけや。

 

スマホでアプリをダウンロードしようとしたら「WiFi環境があるところでしてください」ってゆう注意が出てきたことないか?

 

ちょっと重い(容量が大きい)と、正常にダウンロードできひん可能性が大きいわけやな。

 

要するに、ダウンロードが遅いと使えんWiFiルーターやってゆうことや。

 

上り速度は、送信するときの速度のことやで。

 

最近はSNSに動画とかアップする人も増えてるやろ?

 

これは下り速度やなくて、上り速度が必要やねん。

 

WiFiルーターの欠点は光回線と比べて上り速度が遅いってゆうのがあるから心配な人もおるかも知れへんな。

 

実際に必要な速度は?

 

下りと上り速度、それぞれ実際にどれくらいの必要かというと

 

下り速度10Mbps、上り速度5Mbpsぐらい出てたらまず困ることはないはずや。

 

 

WiMAXの通信モードとは?

 

WiMAXには大きく分けると2つのモードがあるんや。

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

カンタンにゆうと通常がWiMAX2+回線をつかったハイスピードモードで、LTE回線で接続するのがハイスピードプラスエリアモードや。

 

 

WiMAXはauのLTE回線をオプションで使えるからめっちゃつながるんやで!


 

WiMAX2+:ハイスピードモード
WiMAX2++LTE:ハイスピードプラスエリアモード

 

 

選べる周波数帯域とは?

 

カンタンにゆうとWiMAXは環境にあった電波を設定できるねん。

 

2.4Ghz
障害物につよいけど、他の電波に弱い

 

5Ghz
障害物に弱いけど、他の電波の影響を受けにくい

 

 

それぞれ性質が異なるわけや。
Ghzと書いてギガヘルツと呼ぶんやで。


 

たとえば人ごみの中とか他の電波がとびかってるような場所では「5Ghz」に設定して、壁とか1回と2回の床とかを挟む場合は「2.4Ghz」に設定するとかゆう使い方や。

 

一般的には2.4Ghzの方が使い勝手がええけど、5Ghzの方が速いことが多いといわれてるわ。

 

つまり普段は2.4Ghzに設定しといて、つながりが悪いようなときは5Ghzに設定してみるのがええってことやな。

 

 

アンテナ付きクレードルで速度は劇的に変わる?

 

家でもしっかりつなげたいからクレードルも買おうかと思ってる人も多いと思う。

 

俺も最初はマンションでのつながりが心配やからクレードル買ったもんな。

 

WX05のクレードルにはアンテナが付いてるから、速度アップできるかどうかも測ってみるで。

 

 

ここまでのまとめ

 

WX05

 

WX05の最大速度:下り440Mbps、上り30Mbps

 

通信モード
ハイスピードモード
ハイスピードプラスエリアモード

 

周波数帯域
2.4Ghzと5Ghz

 

WX05のクレードル:アンテナ付きで、LANケーブルによる有線接続ができる

 

快適に通信するのに必要な速度は、下り10Mbps、上り5Mbps

 

WX05の実測はこれや!

WX05の実測

 

 

速度を測らせてもらったんはfast.comってゆうスピードテストができるサイトや。

 

実測を条件別に測った結果がこれや。

 

LTE接続はハイスピードプラスエリアモードのことで、有線接続はクレードルにセットして測ったってゆうことやで。

 

下り/上り(Mbps) 本体のみ LTE接続 有線接続

2.4Ghz

34/7.5 40/11 45/7.7

5Ghz

49/11 51/15 56/6.1

 

上り速度はフラついてるけど、下りはハイスピードよりハイスピードプラスエリアモード、無線よりも有線、2.4Ghzより5Ghzってゆうのが顕著にあらわれたわ。

 

 

WiFiルーターでこれだけ実測が出てたらもう言うことないやろ。


 

何年もWiMAXを使ってきてるから、これまでにもたまに実測を測ることはあってんけど、こころなしか年々少しずつ速くなってるような気がするわ。

 

基地局も増えたし、インフラが整ってきてるんかも知れへんな。