W06はマジおすすめ!キャンペーンもすごいで!

Speed WiFi NEXT W06
Speed WiFi NEXT W06 発売日:2019年1月25日

 

 

WiMAXの最新機種Speed WiFi NEXT W06が人気や!


 

最大下り速度1.2Gbps!

 

光回線なみに速いから、ホームルーターとして使う人も増えてきてるねん。

 

 

うちの友達も、ソフトバンクエアーからW06に乗り換えたら、めっちゃ速くなったらしいで!


 

前の機種のW05と比べてもごっつい進化してるから、インターネット回線をさがしてるんやったら、ホンマにおすすめできる機種やわ。

 

 

W06の特徴から性能スペックを、わかりやすく説明していくで。


 

申込むんやったら、キャンペーン選びも重要やから注意してや!

 

この記事を読んだら
W06のことが全部わかるで!

 

すぐにお得な申し込み先が知りたい!という人は、今月のランキングから条件でキャンペーンを選んでや!

 

10月のランキングはコレや!

スマホはスクロール→

順位

キャンペーンタイプ

実質月額 主な特徴 公式サイト

1位 とくとくBB
キャッシュバックキャンペーン

約3,320円

・総額最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


2位 とくとくBB
月額割引キャンペーン

約3,360円

・月額料金最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


3位 JPWiMAX
月額割引+ギフト券

約3,600円

(3,349円)

・契約後すぐギフト券
・もらい忘れがない
・月額も安い

星4.5


4位 BIGLOBE
キャッシュバックキャンペーン

約3,417円

・月額値引きも選べる
・口座振替ならココ
・即日発送対応

星4


5位 Broad WiMAX
月額割引キャンペーン

約3,520円

・他社から乗り換えお得
・口座振替に対応
・即日発送対応

星3.5


6位 DTI WiMAX+ 約3,534円 ・初月と翌月0円
7位 カシモWiMAX 約3,541円〜 ・旧機種が安め
8位 So-net 約3,950円 ・サポートの充実

 

 

Speed WiFi NEXT W06のスペック!

Speed WiFi NEXT W06の画像
Speed WiFi NEXT W06

 

カラーはブラック×ブルーと、ホワイト×シルバーの2種類や。

 

ブラックでも地味になってないのが、ファーウェイ製品のデザインのすごいところや。

 

Speed WiFi NEXT W06のオレンジブラック
実はオレンジ×ブラックのカラーもあるんやけど、auだけで販売するらしいからちょっと残念やな。

 

Speed WiFi NEXT W06のスペック
商品名 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 HUAWEI
サイズ 約128×64×11.9mm
重量 約125g
連続通信時間
ハイスピードモード(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス:約7時間10分
スマート:約9時間
バッテリーセーブ:約11時間40分
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
ハイパフォーマンス:約5時間
ノーマル:約6時間40分
バッテリーセーブ:約10時間
連続待受時間 デフォルト設定(WiMAX 2+、Wi-Fi未接続時):約800時間
電池容量 3,000mAh
通信速度
ハイスピードモード(WiMAX 2+)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
下り最大1.2Gbps(Wi-Fi接続時最大867Mbps)
上り最大75Mbps

※USBケーブル接続時の通信速度

急速充電 USB Power Delivery 2.0対応
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大接続可能台数 最大16台
対応OS
  • Windows7、Windows8.1、Windows10
    Mac OS X 10.9/10.10/10.11/10.12/10.13/10.14
同梱物 端末本体、保証書、はじめてガイド、Wi-Fi初期設定シール 、ご利用にあたっての注意事項 、TypeC変換コネクタ、インターネット接続設定についてのご案内、お知らせ
※ACアダプタ、USBケーブルは同梱しておりません。
引用元:とくとくBB公式サイト

 

 

W06の速度はWiMAX史上最速!

Speed WiFi NEXT W06の速度説明

 

最大下り速度1237Mbpsやで!

 

1000Mbpsが約1Gbpsやから、1.2Gbpsということや。

 

 

どれぐらい速いの?


 

光回線でも、ほとんどが1Gbpsやから、それを上回ったっことになるわけや。

 

 

最大下り速度には、条件があるからそれを説明していくで。

 

最大下り速度の条件は?

 

現在のところは、東京と埼玉の一部のエリアから拡大中やということや。

 

 

じゃあ、あんまり実測は期待できひんのと違うの?


 

大丈夫!WiMAXは、これまでの機種も随時アップデートされてるから、期待できると思うで!


 

エリアは順次拡大ってゆうことやから期待して待っとくしかないな。

 

あともうひとつ条件があんねん。

 

それはパソコンのUSBポートに繋いだ状態でこの速度を発揮することができるってゆうことや。

 

Speed WiFi NEXT W06の有線接続の画像

 

これまではクレードル(充電台)を別購入してパソコンとLANケーブルでつないでたんやけど、W06はUSBコードがあればクレードル以上の力を発揮してくれるんやで。

 

W06は4,000円近くしてたクレードルを買う必要はない!ってゆうことや。

 

WX05の有線LAN接続
WX05のクレードルを使った有線LAN接続

 

 

PS4のオンラインゲームにもLAN接続は必要なし!

PS4の画像

 

PS4でオンラインゲーム人は今までやったら、クレードルを買って有線LAN接続してたんやけど、もうクレードルを買う必要はないんや。

 

 

ウチもモンハンとFFシリーズは好きやで。


 

W06は無線接続でも超高速やで!

 

W06は、無線(WiFi)接続でも過去最高の最大下り速度867Mbpsなんや。


 

外でパソコンをする男性

 

スマホはもちろん、外でパソコンしたい人とかにも最適やろ?

 

 

ランキングポップ

今月はキャッシュバック増額中!

 

 

Speed WiFi NEXT W06のサイズ

 

サイズは128×64×11.9mm約125g

 

W05が130×55×12.6mmで約131gやから、ほんのちょっとコンパクトになったわけやな。

 

W05
Speed WiFi NEXT W05

 

コンパクトになると心配なんが、バッテリー持ちやろ?

 

小さくなったら電池容量も少なくなってしまいそうやわな。

 

 

でもW06の電池容量は増えたんやで!


 

W05:2750mAh → W06:3,000mAh

 

連続通信時間
  • ハイパフォーマンスモード:7.2時間
  • スマートモード:9時間
  • バッテリーセーブモード:11.6時間

速度を重視したいときにはハイパフォーマンスモードに設定するとええけど、通常はスマートモードに設定しとくんがおすすめやわ。

 

電池の残量によって速度を自動で調整してくれるねん。

 

電池が減ってきたらバッテリーセーブモードに切り替えるとええで。

 

 

連続通信時間ってゆうのは”インターネットと接続してる時の時間”やから間違えんといてや。

 

つまり、使わへん時間とかもあるやろうから実際はもっと長持ちするんやで。

 

W06にはビームフォーミング機能が!

 

ファーウェイ製の機種でははじめてのビームフォーミング機能も付いたみたいや。

 

 

ビームフォーミング?


 

端末にむけて電波をピンポイントで送るから無駄がないんねん。

 

端末に向けてライトをあてるようなイメージやな。

 

Speed WiFi NEXT W06のビームフォーミング機能

 

これによって受信速度が20%も改善するって言われてるんやで。

 

ただし、端末もビームフォーミングに対応してる必要があるけどな。

 

最近のiPhoneやったらビームフォーミング機能ついてるんちゃうかな。

 

自宅用にもバッチリ!高性能ハイモードアンテナ搭載

W06高性能ハイモードアンテナの画像

 

モバイルWiFiルーターはコンパクトやから、ホームルーターに比べてアンテナが心配やろ?

 

ワンルームやったらええけど、広い家やとアンテナが弱かったら電波が入らへん部屋も出てくるかもしれんからな。

 

だからアンテナ付きのクレードルが人気があったりしたわけや。

 

アンテナ付きクレードルの画像
WX05のアンテナが搭載した専用クレードル

 

でもW06には高性能ハイモードアンテナが搭載されてるから、そんな心配もいらんねん。

 

電波が弱くてつながりにくい部屋でもしっかりキャッチしてくれるから、外出するときだけやなくて自宅用として使うのにもバッチリなんや。

 

つまりW06はモバイルWiFiルーターでありながら、アンテナ付きのクレードルいらずでホームルーターの性能も兼ね備えてるってゆうわけや。

 

スマホアプリ

 

スマホアプリを入れといたら、スマホから操作もできるし、電波が強い場所もわかるんやで。

 

W06は接続台数が増えたで!

 

WiMAXのモバイルWiFiルーターはいままで同時に接続できる台数は10台やったんやけど、W06は16台まで接続できるようになったわ。

 

10台 → 16台

 

ぶっちゃけここまで必要ないけど、接続台数が多いのはありがたいことやで。

 

W06が1台あれば、スマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機、他にもいろいろつなぐことができるし、家族とか友達と一緒に使うことだってできるわけや。

 

 

旅行とかに持っていったら重宝しそうやね。


 

 

 

ファーウェイ問題は影響はある?

トランプ

 

アメリカがファーウェイを完全に排除しようとしてるやろ?

 

日本も自衛隊とか省庁からは事実上の排除を発表してるんや。

 

 

かいつまんで話すと、ファーウェイ製の製品を使ってたら中国政府に情報を抜かれる可能性があるってゆうことやねん。

 

そんなニュースがあったもんやから、ファーウェイ製の製品にも影響が出てるみたいやで。

 

不買運動とまではいかんけど、やっぱりなんか気持ち悪いから買うんやめとこかって人が増えてるみたいや。

 

UQとauの親会社でもあるKDDIはどう対処するんかってゆうたら「様子を見守る方針」らしいわ。

 

ドコモもおなじ方針らしい。

 

ちなみに1Gbps超えのドコモのポケットWiFi「Wi-Fi STATION HW-01L」もファーウェイ製やで。

 

W06に影響が出てるかというと

 

まったく出てへんみたいや。

 

それどころか発売してすぐにNEC製のWX05を追い抜いたらしいから世間はあんまり気にしてないんやな。

 

ファーウェイの製品は世界でも認められてるから、最近ではファーウェイを支持する声もでてきてるみたいやで。

 

ファーウェイ製W06とNEC製WX05はどっちがおすすめ?

W06とWX05

 

ぶっちゃけ使用感はそこまで変わらへんと思うけど、最大速度が速いということはそれだけ安定しやすいことからW06推しかな。

 

バッテリー持ちはWX05の方が若干ええんやけど、どっちも十分なレベルに達してるからそんなに気にせんでええと思うわ。

 

 

コアなユーザーにはファーウェイ製の方が評価が高いのは紛れもない事実や。


 

国産の方が人気があるんが普通やと思うんやけど、中国製でもそんだけ評価されてるファーウェイはスゴイと思うわ。

 

好きな方を選んだらええと思うけど、人気があるのはW06で間違いないと思うで。

 

 

W06のレビュー

W06レビュー

 

これまでのほとんどの機種を使ってきた俺がW06をレビューするで!


 

W06にはこれまでの機種と違うところがあるねん。

 

それは充電ケーブルが入ってないということや。

 

俺は写真の純正ACアダプターを持ってるから、いいんやけど、持ってない人はUSBの充電ケーブルは用意しといた方がええわ。

 

USBケーブル

 

挿し込み口はType-C(タイプシー)で、USBは3.0以上のケーブルを買ったらええで。

 

W06にはmicroUSBをType-Cに変換してくれるコネクタが付属してるから、microUSBのケーブルでも大丈夫や。

 

USBケーブルがあれば、パソコンと有線接続ができるで。

 

W06の有線USB接続の実測は

 

W06の実測

 

過去にも100Mbpsを超えたことはあったけど、クレードルなしでは、過去最高の速度が出たわ。

 

クレードルは充電台として便利やねんけど、もう必要ないのかも知れへんな。

 

W06の実測2

 

USBでつながんでも、なかなかの速度が出てるわ。

 

 

W06のおすすめキャンペーンはココや!

 

高額キャッシュバックが予想されんのはGMO「とくとくBB」のキャッシュバックキャンペーンや!


 

 

とくとくBBはなぜかNEC製の機種よりもファーウェイ製の機種のキャッシュバックを高くする傾向にあるんやで。

 

まあそこまではかわらんけど、W06を推してるのは確かやわ。

 

 

キャッシュバックは高そうやけど、総額もホンマにお得なん?


 

たしかにキャッシュバックが高額でも、総額が高かったら意味がないわな。

 

他のプロバイダの料金も全部割り出してランキングにしてみたで!

 

10月のランキングはコレや!

スマホはスクロール→

順位

キャンペーンタイプ

実質月額 主な特徴 公式サイト

1位 とくとくBB
キャッシュバックキャンペーン

約3,320円

・総額最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


2位 とくとくBB
月額割引キャンペーン

約3,360円

・月額料金最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


3位 JPWiMAX
月額割引+ギフト券

約3,600円

(3,349円)

・契約後すぐギフト券
・もらい忘れがない
・月額も安い

星4.5


4位 BIGLOBE
キャッシュバックキャンペーン

約3,417円

・月額値引きも選べる
・口座振替ならココ
・即日発送対応

星4


5位 Broad WiMAX
月額割引キャンペーン

約3,520円

・他社から乗り換えお得
・口座振替に対応
・即日発送対応

星3.5


6位 DTI WiMAX+ 約3,534円 ・初月と翌月0円
7位 カシモWiMAX 約3,541円〜 ・旧機種が安め
8位 So-net 約3,950円 ・サポートの充実

 

とくとくBBやったらどれくらい安くなるか?

 

ホンマにとくとくBBが安いんか、他のキャンペーンと比較してみたで。

 

とくとくBBの料金比較
※ギガ放題3年の総額

 

UQ WiMAX:約169,400円
とくとくBB:約129,000円
※キャッシュバック32,000円で計算

 

 

4万円も差があるやん!
なんでなん?


 

とくとくBBは3万円以上のキャッシュバックやし機種代も0円で月額料金もちょっと安いから全部合わせるとそれだけ安くなるわけや。


 

20日以内キャンセル

はじめてでも申込みやすいキャンセル制度もとくとくBBだけやし、即日発送にも対応してるからすぐにはじめることができるで。

 

即日発送

 

 

ランキングポップ

今月はキャッシュバック増額中!