WX05のクレードルはアンテナもついてて便利やで!

WX05専用クレードル

 

WiMAXの人気機種Speed WiFi NEXT WX05を買おうと決めた。

 

 

クレードルって買う必要があるのか迷ってるんやないか?


 

俺も初めてWiMAXを買ったときはクレードルってゆう名前さえ知らんかったから買うかどうか迷ったわ。

 

結局買ったんやけどな。

 

クレードル(cradle)
卓上ホルダー型の充電台で拡張機能のがあるものも。

 

最初に結論を言うと

 

 

クレードルは買っても買わんでもええけど、あったら通信性能も上がるし便利やということや。


 

 

結局どっちなん?


 

クレードルなしで使ってみて、必要やと感じてから買っても遅くないということやな。

 

何もWX05のクレードルは申込むときにしか買われへんわけではないんやで。

 

UQコミュニケーションズのアクセサリーショップでも売ってるし、楽天とかAmazonで買うこともできるわ。

 

NAD35PUUの画像
WX05専用クレードル 価格3,980円(税込)

 

ヤフオクとかメルカリやったら安く買えるかも知れへんで。

 

 

でもこんな人はクレードルを買っといた方がええんとちゃうかな。


 

  • 少しでもアンテナの性能をよくしたい
  • パソコンでインターネットをすることが多い
  • 置くだけで手軽に充電したい
  • 部屋のコードをスッキリしたい
  • PS4でオンラインゲームをしたい

 

 

イマイチよくわからへんわ。


 

それを今から説明していくんやで。

 

WX05のクレードルが欲しいってなった人はクレードルが無料になるキャンペーンから申込むこともできるで!

 

>>クレードルが無料はココだけ!キャッシュバックももらえるで!

 

 

WX05のクレードルって何ができる?

クレードルは充電台ではあるんやけど、単に充電ができるだけやったら卓上ホルダ―と呼ぶらしいんや。

 

ということは、何か他にもできることがあるわけやねん。

 

WX05専用クレードルの場合はこんなことができるんやで。
  • アンテナ機能の拡張
  • 有線LAN接続

 

カンタンに説明するで。

 

アンテナ機能の拡張

WiMAXのNEC製の機種のクレードルは、2016年に発売されたWX03から、アンテナが搭載されるようになってん。

 

Speed WiFi NEXT WX03とクレードル

 

羽のようにみえるWウイングアンテナといわれてる非接触型アンテナは特許を出願中らしいで。


 

端末自体にももちろんアンテナは入ってるんやけど、モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)はもともと外に持ち歩くことを前提に考えられてたからそんなに強力じゃなかってん。

 

近くの端末に無線(Wi-Fi)接続するためのものやったから、アンテナ重視ではなかったわけや。

 

でもWiMAXを自宅の固定回線(ホームルーター)として使う需要も増えてきてん。

 

そうなると、ちょっともの足りひんってゆうことになるやろ?

 

まだ今みたいに速度も速くなかったしな。

 

だからその当時はリフレクターってゆって自作のアンテナを作る人も多かったんやで。

 

WiMAXのリフレクターの画像

 

これが実際に有効かどうかは意見が分かれてるみたいやけど、俺が試した限りでは効果はわからんかったわ。

 

そんな時にアンテナ付きのクレードルが発売されたわけやから、WX03のクレードルは人気が出たわけや。

 

品切れになってるプロバイダも多かったし、Amazonとか楽天で倍以上の価格で売られたりもしてたんやで。

 

それを今も受け継いでるのがWX05のクレードルやねん。

 

WX05のクレードル画像

 

つまりWX05はクレードルにセットすることでアンテナのパワーが増して、自宅での通信性能があがるということなんや。

 

 

UQのホームページにはアンテナが1.2本の電波が弱い場所で、WiMAXと接続する端末のアンテナの本数が増える場合があるとゆうことが書かれてるわ。


 

電波が強い場所よりも弱い場所で効果が得られやすいってゆうことやな。

 

単位時間あたりに処理できる量のことをスループットってゆうんやけど、製造メーカーによると、単体のときに比べてクレードルにセットしたときの方が20%スループットが向上するということやで。

 

WX05のクレードルはこれだけではないねん。

 

WX05のクレードル×ビームフォーミング

 

WX05にはビームフォーミングってゆう機能があって、端末の場所を察知して集中的に電波を送ってくれるんやけど、この機能と組み合わさったら実行速度が30%もアップするんやで。

 

 

>>クレードルが無料はココだけ!キャッシュバックももらえるで!

 

 

有線LAN接続

アンテナと同じぐらい注目されてるんが、有線LAN接続や。

 

WX05のクレードルの裏側にはLANポート(LANケーブルを挿し込む穴)があるんやけど、パソコンとかPS4のLANポートと有線(LANケーブル)でつなぐことができるんや。

 

WX05とパソコンとPS4

 

 

LANケーブル?がないと使われへんの?


 

そうやないで、無線でWi-Fi接続はできるんやけど、有線の方が通信が安定するから速度が上がることも多いねん。

 

オンラインゲームやったらタイムラグとかPing値とか気になるからちょっとでも安定してたほうがええやろ?

 

パソコンもスマホよりも容量使うことが多いから、ちょっとでも速いにこしたことはないやん。

 

 

クレードルで有線LAN接続すると通信性能が向上するってゆうことやな!


 

そういうこっちゃ。

 

 

アクセスポイントモードが使えるで

これはおまけ的な機能やねんけど、ネット回線のルーターにクレードルを接続するとWi-Fiアクセスポイントとして使うことができるねん。

 

 

さっぱりわからへんわ。


 

みんなが必要なわけではない機能やからおまけとして説明するけど、たとえば自宅に光回線を引いてるとするやろ?

 

そのルーターにWiMAXをセットしたクレードルをつなげたら、無線LANルーターがなくても無線でWi-Fiをとばせるようになるわけや。

 

無線LANルーターを有料でレンタルしてたとしたら助かるわな。

 

外ではWiMAXをつかって、家では光回線をつかうときに便利やということや。

 

 

わかったようなわからへんような・・。


 

これはおまけやから、わかる人だけわかったらええわ。

 

 

>>クレードルが無料はココだけ!キャッシュバックももらえるで!

 

 

WX05専用クレードルの使い方と設定方法

まずはクレードルの部位の名称とかを説明しよか。

 

クレードルの名称

 

@クレードルポート:本体と接続するポート(TypeC)
Aリンクランプ:有線LAN接続の状態
Bパワーランプ:電源の状態
CACアダプタ接続ポート:TypeCのACアダプタ、もしくはUSBコード用のポート
DETHERNET(イーサーネット)ポート:LANケーブル用のポート

 

Cに充電するためのACアダプタか、USBコードを挿し込んで、@に本体を接続したらそれで充電できるわ。

 

Bパワーランプが点灯してたら給電できるサインやで。

 

 

ボタンがないからごっついシンプルやろ?


 

クレードルを買っても、ACアダプタは付いてないから別購入するか、WX05本体に付属してるUSB充電コードを使うことができるで。

 

Dは有線LAN接続するときにLANケーブルをつなぐポートやで。

 

有線LAN接続の設定は、クレードルにつないだLANケーブルを端末側につなぐだけや。

 

接続してうまく通信ができてたらAリンクランプが緑に点灯するわ。

 

WX05のクレードルについてまとめるで!

WX05のクレードルの画像

 

WX05のクレードルにはアンテナが付いてるから、自宅での通信が安定することがわかったやろ?


 

とくに電波が弱いところで力を発揮してくれるから、マンションとか郊外に住んでて電波が心配な人には心強いんやで。

 

直接ケーブルで端末とつなぐ有線LAN接続は、パソコンで快適にインターネットをしたい人、PS4でオンラインゲームをする人におすすめや。

 

  • Wウイングアンテナ → スループットが20%アップ!
  • +ビームフォーミング → 実効速度が30%向上!
  • 有線LAN接続 → 速度アップ、通信性が安定!

 

ついでに言っとくと、WX05をクレードルにセットすると置時計にもなるで。

 

WX05の時計表示

 

それにやっぱり基本的な部分やけど、充電するときに毎回わざわざコードを探してコンセントにつなぐことを考えたら、決まった場所にクレードルを設置しといて片手でセットできるんわラクやわ。

 

 

でもWX05のクレードルって税込で3,980円もするんやろ?


 

それは大丈夫や!
WX05のクレードルを無料でもらえるキャンペーンがあるで!


 

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンやったら、3,980円のクレードルを無料でもらえたうえにキャッシュバックまでもらうことができるんや。

 

クレードル無料&キャッシュバック

 

WX05をクレードルとセットで買う人にとって、いちばんお得なんは間違いないで。

 

なぜならもともとGMOとくとくBBで申込むんがいちばん安いからや。

 

3月のランキングはコレや!

スマホはスクロール→

順位

キャンペーンタイプ

実質月額 主な特徴 公式サイト

1位 とくとくBB
キャッシュバックキャンペーン

約3,250円

・総額最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


2位 とくとくBB
月額割引キャンペーン

約3,360円

・月額料金最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


3位 Broad WiMAX
月額割引キャンペーン

約3,520円

・他社から乗り換えお得
・口座振替に対応
・即日発送対応

星3.5


4位 DTI WiMAX+
月額割引

約3,530円

・初月と翌月の月額0円
・3年後も値上がり無し
・その他サービス

星3.5


5位 カシモWiMAX 約3,540円〜 ・旧機種が安め
6位 JPWiMAX 約3,640円〜 ・アマギフ1万円

※受付停止中

7位 So-net 約3,950円 ・サポートの充実
8位 BIGLOBE 約4,430円 ・要機種代19,200円

 

GMOとくとくBBにはキャッシュバックの代わりに月額が安い「月額割引キャンペーン」もあるけど、クレードルが無料でもらえるんは「キャッシュバックキャンペーン」やから注意してや。

 

>>クレードルなしやったら「月額割引」がおすすめ!

 

 

クレードルとセットで申込むんやったら、間違いなくこのキャンペーンやで!


>>クレードル無料+高額キャッシュバック!