法人で申込むのに最適などんなときもWifi

どんなときもWifiのイメージ画像

 

 

どんなときもWifiは、法人で申込むにも最適のWiFiルーターですよ!


 

個人で使うのはもちろんですが、ビジネスでもインターネットは必要ですよね?

 

ビジネスのイメージ

 

ビジネスでの悩み

  • ネットがないと会議がはかどらない
  • 机などが配線でごちゃごちゃで見苦しい
  • 工事をしてまではちょっと・・
  • 外回り、出張用のポケットWiFiが欲しい
  • 海外出張の度に、Wifiルーターをレンタルするのが面倒

 

どんなときもWifiはメインの回線としても使えるけど、コンパクトでオールマイティに使えるから、補助的なサブのインターネット回線にも向いているんです。

 

 

どんなときもWifiのおすすめポイント
  • キャリアのLTE回線だから、エリアが広くつながりやすい
  • 海外出張にも対応!そのままカバンに入れて持っていくだけ
  • 通信制限なしの完全使い放題。3日制限などもなし!
  • 他社のWiFiルーターと比べて、月額料金が破格の3,480円

 

 

いちばん使えてコスパがいいWiFiルーター「どんなときもWifi」の法人申し込みについて説明していきます。

 

 

\法人も安い!いちばん使えるモバイルWiFiルーターならココ!/

 

 

一般での申し込みと、法人での申し込みの違いは?

なぜ法人での申し込みが必要かというと、個人じゃなく会社での支払いにした方が、何かと便利だからですよね。

 

 

法人登記をしていない個人事業主や団体、組合などでも申込むことができますよ。


 

では、一般での申し込みと違うところは何でしょうか?

 

@支払いを請求書払いにできる
A複数台契約ができる

 

通常だと、支払いにクレジットカードか口座振替しか選ぶことができませんが、法人での契約では請求書払い、つまり後払いが可能になるということです。

 

2台以上契約ができるのも、個人よりも信頼されているということですが、審査結果によっては申し込めない場合もあるので注意してください。

 

また、申し込みの際の必要書類も、個人での申込みとは異なります。

 

一般申込み 法人申込み
月額料金 3,480円 3,480円
プラン 無制限 無制限
通信制限 なし なし
支払方法

・クレジットカード
・口座振替

・クレジットカード
・口座振替

・請求書払い

必要書類

なし
(クレカ払いの場合)

・名刺か社員証
・本人確認書類

 

 

どんなときもWifiが海外出張に最適な理由

出張のイメージ

 

海外出張が多いと、その度にWiFiルーターをレンタルしなければいけない。

 

手続きを面倒に感じていませんか?

 

容量によってプランも料金設定もまちまちだし、条件も複雑で保険料を足すと高くついたり・・。

 

調べるだけでも、無駄な労力と時間がかかりますよね。

 

 

どんなときもWifiなら、そんな面倒な手続きは必要ありません。


 

いつも通り、そのまま内ポケットなり、カバンなりに入れて持っていけばOK。

 

全世界107か国、よっぽどマイナーな国でない限り、自動で電波をつかんでくれます。

 

クラウドSIMというシステムにより、国ごとにSIMカードを入れ替える必要もありません。

 

容量は、使い放題!

 

1ギガ以降は低速になりますが、1,280円/月〜無制限(盗難、紛失保険付き)で使うことができるんです。

 

海外での料金は、使用した日だけしか請求されないので、急な延滞や移動日などで無駄になることもありません。

 

  • 手続きなし
  • 使い放題
  • 107か国対応
  • SIMカードの入れ替えなし

 

どんなときもWifiで経費削減にも

コスト削減のイメージ

 

Wifiルーターと言うと、キャッシュバックなどのキャンペーンで安くなることが多いのですが、法人での申し込みだと対象にならないことも少なくありません。

 

 

法人は料金的に不利になることが多いのです。


 

そうなると、料金は通常料金ということになります。

 

ふつう料金はキャンペーンを見越して設定されるので、かなり高くなります。

 

Wifiルーターいちばん人気のWiMAXの場合
無制限プランのギガ放題:4,380円

 

ホームルーターで人気のソフトバンクエアー
無制限の通常料金:4,880円

 

どんなときもWifiだと、法人でもキャンペーン価格

 

3,980円 → 3,480円

 

光回線や、他のインターネット回線サービスと比べても、低価格に設定されているのがわかりますよね。

 

メインのネット回線がある場合や、2台以上を契約しようというのなら、数百円の月額料金の差が大きくなってきますよね。

 

どんなときもWifiなら、経費削減にもなる理由はココにあります。

 

 

どんなときもWifiの法人申込み方法は

どんなときもWifiの法人ページ

 

一般での申し込みと違って、法人で申込む場合は、専用の申し込みページがあります。

 

法人で申込む流れ

@公式サイトの法人申込みの説明ページから、「法人専用 お見積り・ご相談」ボタンをクリックする。
A必要事項を記入したフォームを送信

 

  • 会社名
  • 会社名(カナ)
  • 担当者名
  • 担当者名(カナ)
  • 電話番号1
  • 電話番号2
  • 連絡希望日時
  • メールアドレス
  • 希望契約台数
  • 支払方法
  • お問い合わせ内容

 

相談したいことがある場合は「電話相談窓口」から、折り返し電話の希望時間を記入することができるので、送信して連絡を待ちましょう。

 

\法人で申込むなら公式サイトから/

 

 

どんなときもWifiを法人で申込むデメリットは?

5人のイメージ

 

どんなときもWifiのデメリットといえば、他のWiFiルーターに比べて、同時接続台数が5台と少ないことと、最大下り速度が150Mbpsと遅いことです。

 

とはいえ、同時に5台接続させることがなければ、デメリットにはなりません。

 

実際の速度は十分に速いことは口コミやレビューを見ても明らかですし、LTEが使い放題という安定した通信は他のサービスではありえません。

 

 

 

デメリットよりもメリットが上回る回線、それがどんなときもWifiなんです。


 

どんなときもWifiの法人申込みまとめ

 

最後にどんなときもWifiの法人の申込みについてまとめますが、大筋では一般での申し込みとそんなに変わりません。

 

申し込み先も公式サイトからですが、法人専用のページから申込むようにして下さい。

 

 

相談しておきたいことがある場合も、フォームから申込めば、指定した日時に折り返しで電話をもらうことができます。

 

あとは、担当者の名刺、本人確認書類を用意すればOK。

 

一般での申し込みと同じ、月額料金3,480円で、無制限で通信制限なしのLTE回線を使ったWifiルーターを契約することができます。

 

>>まずは公式サイトをみてみる