WiMAXと”どんなときもWifi”を比較したで!

WIMAXとどんなときもWifiの比較記事のキャッチ画像

 

 

最近どんなときもWifiってゆう、ポケットWiFiが評判で、CMでも話題らしいで!


 

WiMAXと比較したい人も多いやろうね。


 

WiMAX&どんなときもWifiを比較してみたで!

 

結果から言うと

 

一人暮らしの人とか、速度にこだわる人はWiMAXが向いてると思うわ。

 

最大下り速度は光回線なみの1.2Gbps越えやし、通信制限があるけど、ひとりで使う分にはかなり余裕があるからな。

 

逆にそこそこ使えればいいから、通信制限は絶対イヤと言うんやったら、どんなときもWifiがおすすめや。

 

 

イマイチよくわからへんわ。


 

さすがに一言では説明できひんから、出来るだけわかりやすく比較していくで〜。

 

 

それぞれの良さと、どっちを選んだらいいかハッキリするわ!


 

 

 

 

 

WiMAXとどんなときもWifiの基本情報を比較

 

まずは、WiMAXとどんなときもWifiをざっくりと表で比較するで。


WiMAX どんなときもWifi
運営会社 UQコミュニケーションズ グッド・ラック
契約期間 2年、3年 2年
プラン 7GBプラン、無制限プラン 無制限プラン
月額料金(基本) 無制限プラン:4,380円 4,410円
月額料金(キャンペーン適用) 約3,360円 約3,480円

違約金
※更新月以外での解約

0〜12カ月:19,000円
13〜24カ月:14,000円
25カ月目以降:9,500円

0〜12カ月:19,000円
13〜24カ月:14,000円
26カ月目以降:9,500円

支払方法

・クレジットカード
・口座振替

・クレジットカード
・口座振替

 

WiMAXとどんなときもWifiの会社比較

UQ WiMAXの街頭広告

 

UQ WiMAXの運営会社は、UQコミュニケーションズ株式会社で、親会社はKDDIや。

 

 

深キョン三姉妹がCMやってるUQモバイルの会社でもあるし、auとかBIGLOBEなんかとも同系列の会社やねんで。


 

WiMAXはビックカメラとかヨドバシカメラとかの、家電量販店とか、UQスポット、auショップでも契約することができるんやけど、ネット上のプロバイダと呼ばれる販売代理店のキャンペーンから申込むことで、激安価格とか高額キャッシュバック付きで申込むことができるねん。

 

どんなときもWifiの運営会社は株式会社グッド・ラックってゆうんやけど、「NEXTモバイル」ってゆうWiFiルーターも取り扱ってたり、「モバレコAir」ってゆう名前でソフトバンクエアーも取り扱ってるわ。

 

系列会社の株式会社リンク・ライフはBroad WiMAXを運営してる会社でもあるんや。

 

メイプル超合金がCMやってる「WiFiストア」でも、NEXTモバイル、モバレコAir、どんなときもWifiを推してるわ。

 

 

WiMAXは、ネットのキャンペーンだけじゃなくて、店舗でも申し込めるけど、どんなときもWifiはネットの公式サイトからしか申し込むことができひんで。


 

WiMAXとどんなときもWifiの契約期間を比較

  • WiMAX:3年契約(一応2年契約もあり)
  • どんなときもWifi:2年契約

WiMAXは一応は2年と3年を選ぶことができるんやけど、2年契約はほとんどのプロバイダから申込むことができひんし、キャンペーンが適用されへんから、3年契約で申込むんがおすすめや。

 

どんなときもWifiは2年契約やから、短期で使いたい人にとったら有り難いし、気軽に申込みやすいかも知れへんな。

 

 

契約期間は長いよりは短い方がいいな〜。


 

WiMAXとどんなときもWifiのプランと料金を比較

 

WiMAXには、7GBプランと無制限プランがあって、どんなときもWifiは無制限プランだけとゆうスタイルやな。


 

どんなときもWifiには7GBプランがないから、ここではちょっと置いとくわ。。

 

契約期間に合わせて、WiMAXは無制限プランの3年で、どんなときもWifiは2年の平均月額を計算してみたで。

 

※WiMAXは、いろんなキャンペーンがあるから、月額料金最安の「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン」の料金で計算してあるで。

 

WiMAX どんなときもWifi
事務手数料 3,000円 3,000円
サービス開始月 2,170円の日割り 3,480円の日割り
月額料金

1〜2カ月:2,170円
3〜36ヵ月:3,480円
37ヵ月以降:4,263円

1〜24カ月:3,480円
25カ月以降:3,980円

契約期間の平均月額 3,360円 3,480円

 

キャンペーンが適用される前と、適用後の料金

WiMAX:4,380円→約3,360円
どんなときもWifi:4,410円→約3,480円

 

 

キャンペーンを適用したら、実際の料金はそんなに違いないんやね。


 

違約金とは、契約期間後の更新月以外で解約する場合にかかる契約解除料のことやねんけど、”継続期間による料金設定”も同じになってるわ。

 

0〜12カ月:19,000円
13〜24カ月:14,000円
25カ月目以降:9,500円

 

支払方法はどっちもクレジットカードと口座振替の両方が使えるで。

 

ただし口座振替は手数料が必要やったり、クレジットカードに比べてキャンペーンのお得感が少なくなったりするから、できるだけクレジットカードでの申込みがおすすめや。

 

口座振替での申し込みについて

WiMAXの口座振替での申し込みがいちばんお得なんはBIGLOBEや。
>>BIGLOBEの口座振替専用キャンペーン

 

どんなときもWifiの口座振替での月額料金がこれや。
24カ月目まで:3,980円+手数料200円
25カ月目以降:4,410円+手数料200円

 

 

 

 

 

 

WiMAXとどんなときもWifiの速度比較!

速度のイメージ画像

 

速度は、どんなときもWifiのいちばんのデメリットといえるかも知れへんわ。

 

WiMAXはどんどん速くなって、いまではLTE回線を使ったハイスピードプラスエリアモードでの有線接続で、最大下り速度が1.2Gbpsにまで進化してるねん。

 

W06の速度を説明する画像

 

無線WiFi接続でも最大867Mbpsやし、通常のWiMAX2+回線でも最大558Mbpsや。

 

対して、どんなときもWifiの機種「U2s」での下り最大速度は150Mbpsなんや。

 

WiMAX(W06) どんなときもWifi(U2s)

下り速度

LTE+WiMAX2+
有線:1.2Gbps
無線:867Mbps
WiMAX2+
558Mbps

150Mbps

上り速度

LTE+WiMAX2+
75Mbps
WiMAX2+
30Mbps

50Mbps

 

速度重視の人にとったら、どんなときもWifiの速度はちょっと頼りないかも知れへんな。

 

ただし、ほとんどの人にとって大事なんは実測がどれくらい出るかということやで。

 

速ければ速いに越したことはないけど、10Mbpsも出てればまず困ることはないからな。

 

WiMAX(W06)の速度の良い口コミ

 

 

もちろん計測する場所にもよるんやけど、無線のWiFiルーターとしたら申し分のない数字や。


 

WiMAXは端末と有線接続できるのも魅力の一つなんやで。

 

WiMAX(W06)の速度の悪い口コミ

 

 

 

これでも十分な速度やけどな。


 

どんなときもWifiの速度の良い口コミ

 

 

WiMAXに比べるとさすがに落ちるけど、遅いというほどでもないし、上り速度もPing値も悪くないな。


 

どんなときもWifiの速度の悪い口コミ

 

 

ここまで極端に遅くなると、困る場面も出てくるかも知れへんね。


 

WiMAXとどんなときもWifiのエリア(つながり)比較!

WiMAXはWiMAX2+回線がメインで、月に7GBまでauのLTE回線を使うことができるんやけど、どんなときもWifiは3大キャリア(ソフトバンク/au/ドコモ)のLTE回線に対応してるらしいんや。

  • WiMAX:WiMAX2+、auのLTE
  • どんなときもWifi:ソフトバンク、au、ドコモのLTE

WiMAXはWiMAX2+ではつながりにくい時に、手動でauのLTEが使えるハイスピードプラスエリアモードに切り替えるんやけど、どんなときもWifiは自動で最適な回線に切り替えてくれるということや。

 

 

なんで3つの回線がつかえるの?


 

どんなときもWifiは、今までにはなかったクラウドSIMってゆうシステムを使ってるねん。

 

ふつうは端末の中に入れるSIMカードによって、つかえる回線が決まってるんや。

 

どんなときもWifiのSIMはカードではなくてクラウドSIM、つまりネット上にあるから、回線の数に制限がないわけや。

 

だからどんなときもWifiは海外でも使うことができるんやで。

 

大規模な通信障害があった場合でも、使える回線に切り替わるからいざというときも安心感があるわけや。

 

 

 

WiMAXとどんなときもWifiの通信制限を比較!

WiMAXの通信制限は、3日間で10GBの通信量を超した場合に、翌日の18〜2時の8時間だけ、およそ1Mbpsに速度を制限されるというもんや。

 

通信制限なしでも月に100GBも使えるし、速度を制限されたとしても、YouTubeの標準画質(360p)の動画が見れる程度やから、そこまで大したことはないんやで。

 

 

どんなときもWifiは通信制限がないってホンマなん?


 

クラウドSIMによって、回線が限定されへんようになったやろ?

 

データ通信量もSIMカードによって制限されへんから、無制限で使うことができるねん。

 

ただし完全に無制限ということではないみたいや。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

引用元 どんなときもWifi公式ページ


漠然としすぎてよくわからへんけど、めちゃくちゃ使った場合は通信速度を制限されることがあって、違法ダウンロードとか不正の疑いがあると利用停止になることもあるということや。

 

  • 大量に使った場合 → 384kbpsに速度制限
  • 違法ダウンロードなどの不正 → 利用停止

 

 

WiMAXみたいに明確じゃないから、ちょっと怖いけど
普通に使ってたら大丈夫かな。


 

 

 

 

 

WiMAXとどんなときもWifiの機種比較!

WiMAXの機種

 

WiMAXにはいろんな機種があって、モバイルWiFiルーターだけやなくて、自宅専用のホームルーターもあるんやで。

 

モバイルWiFiルーター

  • Speed WiFi NEXT W06
  • Speed WiFi NEXT WX05

 

ホームルーター

  • Speed NEXT HOME L02
  • WiMAX HOME 01

 

製造元はNECプラットフォームズとHUAWEIやし、スペック的な部分に関してはWiMAXの圧勝といってもええやろ。


 

 

どんなときもWifiの機種「U2s」の画像

 

どんなときもWifiは今のところ機種は「U2s」しかないねん。

 

タッチパネルもないから、ちょっと寂しいけど、逆に言えば余計な操作をせんでもええから、誰でも使えるとも言えるわな。

 

操作は電源のオンとオフだけらしいわ。

 

角の出っ張ったところには、ストライプを付けることができるんやで。

 

 

WiMAXのいちばん人気W06と比較してみるで。

WiMAX(W06) どんなときも(U2s)
最大速度(下り/上り)

558Mbps/30Mbps
(LTE併用:1.2Gbps/75Mbps)

150Mbps/50Mbps
連続通信時間 11.6時間 12時間
同時接続台数 16台 5台
重さ 125g 151g

 

機種のスペックはWiMAXの方がいいけど、クラウドSIMのシステムが使えることを考えたらU2sもすごいと思うわ。


 

WiMAXとどんなときもWifiの機種代の違い
  • WiMAX:無料でもらえる
  • どんなときもWifi:レンタルなので解約後に返却

WiMAXの機種代は0円で、どんなときもWifiの機種はレンタル0円やねん。

 

つまりWiMAXの場合は無料で機種をもらえるけど、どんなときもWifiの場合はレンタルということになるから、解約するときには返却せなアカンということや。

 

返却時の送料を負担せなアカンのと、解約後5日以内に返却せえへんかったら18,000円請求されるから、注意せなアカンで。

 

どんなときもWifiは海外でも使える!料金プランは?

国際空港

 

たまに海外に行くことがある人にうれしいのが、どんなときもWifiの海外プランや。

 

海外に行くときは、海外で使えるWiFiルーターを申込んで、空港で受け取ったりしてる人も多いと思うけど、それってけっこう煩わしいやろ?

 

どんなときもWifiやったら、普段つかってるWiFiルーターをそのまま持っていけるから、手続きも受け取りも設定も必要なくてめっちゃ便利やねん。

 

料金は1日単位で、エリアによって料金が変わるねん。
※使わへんかった日は0円

 

1,280円/日 アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、中国、韓国、東南アジア等の69か国
1,880円/日 アフリカ、中東、南米等の37か国

1日に1GB※使えるみたいやから、料金的にも妥当やし、海外あんしん補償込みの料金やから、盗難とか紛失のトラブルにも対応してくれるんや。
※1GB超過後も384kbpsで使用可能

 

WiMAXとどんなときもWifi比較まとめ!

 

キャンペーン適用で、実質的な料金はたいして変わらへんから、後はメリットとデメリットで自分にあった方を選んだらええと思うで。


WiMAX どんなときもWifi
メリット

下り速度が速い
機種の機能性がいい
有線接続ができる

通信制限がほぼない
3大キャリアの回線につながる
海外でも使える

デメリット 3日で10GBの通信制限

最大速度が150Mbps
未知数の部分が多い

 

オールマイティに使えるんは、どんなときもWifiやな。

 

機種の機能とかデザインにはこだわりがなくて、通信制限ってゆう言葉がとにかく嫌いで、速度もふつうに使えたら問題ないって言うんやったら、どんなときもWifiを選んだらええと思うわ。

 

海外旅行にそのまま持っていけるのも便利やわ。


 

 

たしかに通信制限なしで、3大キャリアの回線が使えるのはすごいんやけど、そのあたりの説明が曖昧な部分があるから、通信に関してはそこそこ使えればいいってゆうぐらいの人に向いてると思うで。


 

 

 

 

一人暮らしやったらWiMAXがおすすめや。


 

通信制限といっても、月に100GBぐらいは使えるわけやし、そんな通信量を一人で使う人はごく少数やからな。

 

それやったら速度が速い方がええやろ?

 

WiMAXは、オンラインゲームする人にも向いてるんやで。

 

有線接続ができるから、パソコンとかPS4のオンラインゲームも安定するねん。

 

WiMAXはいろんなキャンペーンがあるから、条件にあったお得なキャンペーンを選んでや。

 

>>今月のキャンペーンランキングをみてみる