どんなときもWifiのデメリットを暴露!

どんなときもWifiのキャッチ画像

 

どんなときもWifiがどえらい人気らしいわ。

 

ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線が使えて、通信制限がないし、海外でも使えるんやから、当然やろうな。


 

でも、みんなメリットばっかり見てへんか?

 

どんなときもWifiはデメリットも多いんやで。

 

全部暴露するから、申込もうと考えてる人は必見や!

 

 

\どんなときもWifiのキャンペーンはココだけ!/

↑↑詳細↑↑

 

 

 

 

どんなときもWifiは遅い!遅すぎ!?

スピードの画像

 

どんなときもWifiの下り最大速度は150Mbpsや。

 

 

下り速度は、ダウンロードの速度のことやね。


 

動画を見たり、アプリをダウンロードするような時に必要な速度のことやねん。

 

これが遅いと、動画が途切れたり、ダウンロードの時間がめっちゃかかったりするわけや。

 

ダウンロードができひんこともあるかも知れへんわ。

 

どんなときもWifiは、この速度がはっきり言って遅いねん。

 

比較してみると

どんなときもWifi 150Mbps
光回線 主に1Gbps
WiMAX 約1.2Gbps
ソフトバンクエアー 962Mbps

※1Gbpsは約1,000Mbps

 

どんなときもWifiがいちばん遅いやろ?

 

速度を重視するという人は、どんなときもWifiは向いてへんかも知れへんな。

 

とはいえ

 

 

速度で大事なんは、最大速度じゃなくて、実測やねん。


 

150Mbpsってゆうのは、理論上の速度なわけで、実際の速度がそれなりに出てたら、まず問題あらへんのや。

 

必要な速度の目安
  • 5Mbps 画質にこだわらへんかったら、使えるレベル 
  • 10Mbps まず困らへんけど、もうちょっとあると最高
  • 20Mbps 超高画質も視聴できるレベル

 

で、どんなときもWifiの速度がどれくらいか、口コミレビューをみてみると

 

 

実測を公表してる口コミレビューを調べた結果

 

平均約30Mbps

 

そこそこええ速度が出てるぅぅ〜!!

 

 

最大速度(理論値)は遅いけど、使ってる人のほとんどが、実測に満足して使ってるみたいやな。


 

どんなときもWifiの速度は、実は十分速いといえるかも知れへんな。

 

もちろん環境にもよるけど、それはどの回線も同じやからな。

 

キャリアのLTEが無制限で使える、どんなときもWifiは環境にも強いといえるやろ。

 

どんなときもWifiは上り速度が速い!

最大下り速度は遅いけど、他のポケットWiFiと比較すると、上り速度は速いねん。

 

上り速度とは、画像とか動画をSNSにアップロードするときに必要な速度や。

 

ダウンロードの逆で、送る側の速度をあらわすねん。

 

上り最大速度:50Mbps

 

ちなみにWiMAXは30Mbps、ソフトバンクエアーは15Mbpsやで。

 

上り速度は、そこまで重要視せんでもええけど、インスタグラムとかのSNSに動画を上げる人は、速い方がうれしいやろうな。

 

 

SNSで動画を上げる需要が増えてきたから助かるわ。


 

 

\どんなときもWifiのキャンペーンはココだけ!/

 

 

 

どんなときもWifiは端末がダサい!

U2sの画像

 

ダサいかカッコいいかは、その人のセンスにもよるんやけど、どんなときもWifiの端末は、お世辞にもカッコいいとは言われへんわ。


 

「U2s」ってゆう端末やねんけど、タッチパネルもないし、へんなでっぱりはあるし、地味やわな。

 

例えばWiMAXの機種やったら、こんなにオシャレでカッコいいねん。

 

WiMAXの機種画像

 

タッチパネルがあるから、スマホみたいにカンタンに操作もできるし、電池の残量とか通信量も把握しやすいんや。

 

どんなときもWifiのU2sは、大きいわけではないけど、小さくもない。

 

重いわけではないけど、軽くもない。

 

充電持ちも、悪いわけではないけどよくもない。

 

最大接続台数も、最近の機種にしては少なくて、5台しか接続できひんねん。

 

とはいえ

 

 

一人で使うんやったら、5台も接続できたら十分や。


 

とびぬけていいところがない代わりに、悪いところもない。

 

ちょっとダサいだけなんや。

 

ポケットとかカバンに入れて使うんやったら、問題ないといえるやろう。

 

 

どんなときもWifiは端末がレンタル

う2sのレンタル画像

 

他のWiFiルーターでもレンタルはあるけど、その場合は契約期間は決まってないやろ?

 

でもどんなときもWifiは、レンタルやけど契約期間が2年って決まってるねん。

 

だから端末だけレンタルという、ちょっと変わったシステムをとってるわけや。

 

レンタル料金はかからへんけどな。

 

 

レンタルやったら何か困るの?


 

例えばWiMAXやったら、機種代0円やから無料で20,000円相当の端末がもらえるわけや。

 

どう考えてもタダでもらえる方がええやろ?

 

 

もし故障した場合や。


 

WiMAXやったら、中古で安いの見つけてSIMカードを入れ変えて使うことができるけど、レンタルやったらそうはいかへん。

 

弁償せなアカンねん。

 

どんなときもWifiの端末が故障した場合の。弁償額は18,000円や。

 

もうすぐ更新月で解約やってゆう矢先に、弁償せなアカンようになってもうたら、そら悔しいと思うで。

 

セコイことを言うと、WiMAXは解約したら中古品として売ることだってできるからな。

 

 

どっちにしても、2年後の更新月で解約することをおすすめするわ。

 

3年4年と使ったら、故障するリスクも増えるからな。

 

 

いっつもスマホの画面割ってるような人は、気をつけた方がええかもな。

 

スマホの画面

 

だいたいアレやる人って決まってるやろ?

 

そんな人は400円で「あんしん補償」を付けることができるけど、修理の回数にも制限があるんや。

 

とはいえ

 

故障さえせえへんかったら、無料で使えるわけやから、端末代がかかるサービスに比べたら良心的やといえるわ。


 

レンタル料なしやからな。

 

 

\どんなときもWifiのキャンペーンはココだけ!/

 

 

 

どんなときもWifiは違約金が高い!

スマホの違約金って9,500円ってゆうのが、いちばん多いんとちゃうかな?

 

まあだいたい1万円ぐらいやわな。

 

 

違約金ってゆうのは、契約期間の途中で解約するときに発生する、契約解除料のことやで。


 

更新月で解約すれば問題ないけど、人生何が起きるかわからへん。

 

契約期間の途中で、どんなときもWifiを解約せなアカンようになる可能性もあるはずや。

 

どんなときもWifiの違約金はちょっと高いねん。

 

どんなときもWifiの違約金
  • 契約〜8日:初期契約解除制度で0円
  • 0〜12カ月:19,000円
  • 13〜24カ月:14,000円
  • 25カ月目:更新月
  • 26カ月以降:9,500円

 

 

ホンマや、違約金高いやん!


 

何でかしらんけど、WiMAXの違約金と同じ設定やねん。

 

WiMAXは2万円相当の機種代が0円やから、違約金が高いのも納得できる部分があるんやけど、どんなときもWifiは端末はレンタルやから、ちょっと引っかかるわけや。

 

とはいえ

 

契約の途中で解約さえせえへんかったら何の問題もないんやけどな。


 

 

どんなときもWifiは口座振替の料金が高い

口座振替のイメージ画像

 

どんなときもWifiは、料金の支払いをクレジットカードか口座振替か選ぶことができるねん。

  • クレジットカード
  • 口座振替

 

口座振替はカンタンに言えば、銀行引落しやな。

 

クレジットカードを持ってへん人は、口座振替で支払うことができたら助かるね。

 

確かにそうやねんけど、あんまり口座振替での支払いは、おすすめはできひん。

 

なんでかというと、月額料金がクレジットカード払いに比べたら高くなるねん。

 

どんなときもWifiの月額料金

クレジットカード 口座振替
初月(サービス開始月) 3,480円の日割り 3,980円の日割り
1〜24カ月 3,480円 3,980円
25カ月〜 3,980円 4,410円

 

24カ月は500円、25カ月目以降は430円も高くなるんや。

 

しかもこれだけやないねん、毎月の手数料が200円必要やねん。

 

ウチやったら、絶対にクレジットカードつくってから申込むわ。

 

最近はよっぽどのことがなければ、誰でもクレジットカードつくれるからな。

 

とはいえ

 

どうしてもクレジットカードがつくられへん人からしたら、助かるけどな。


 

それに、クレジットカードに比べたら高いだけでLTEが無制限で使えて通信制限がないWiFiルーターとして考えたら、安い部類、に入るんや。

 

 

 

どんなときもWifiは海外プランの料金が高い!

海外旅行のイメージ画像

 

どんなときもWifiは、海外でもそのまま使うことができるやろ?

 

これもどんなときもWifiの人気の秘密の一つやねん。

 

でもな、料金が安いとは言われへん。

  • 北米 ヨーロッパ アジア オセアニア 1,280円/日
  • 南米 アフリカ 中東 1,880円/日

 

 

確かに、レンタルWiFiやったらもっと安いプランがあるわ。


 

他社のプランの例
  • アメリカ:4,400円/5日 3GBプラン
  • タイ:2,900円/5日 3GBプラン

 

いつも使ってるWiFiルーターを、そのまま海外に持っていけるのはいいけど、レンタルしたら1日数百円から使うことができるわけや。

 

スマホの海外データローミングに比べたら安いけど、やっぱりレンタルの方が安いんやね。

 

とはいえ

 

どんなときもWifiは、無制限で使えるねん。


 

正確には1GBまでが通常の速度で、それ以降は384Mbpsの低速になるけど、使い続けることができるんやで。

 

他社のレンタルWiFiルーターは、安くても容量が少ないねん。

 

海外旅行中に通信制限を気にしながら使いたくないやろ?

 

同じ容量で、レンタルしようと思ったら、どんなときもWifiよりも高くつくんや。

 

しかもどんなときもWifiは、料金の中に「あんしん補償」の料金も含まれてるんやで。

 

海外旅行のポップ

 

 

なんやかんやでめっちゃコスパいいやん!


 

 

どんなときもWifiのデメリットまとめ

 

どんなときもWifiはメリットだけじゃなく、デメリットも多かったやろ?


 

最後にざっくりまとめとくわ。

 

下り最大速度が遅い
→理論値は他の回線に比べて遅いけど、ツイッターとかの口コミをみてみると、実測は十分出てて満足してる人が多い。

 

端末「U2s」がダサい
→タッチパネルとかないけど、逆にシンプルでいい?よくもないけど、悪くもない。

 

端末が買取ではなくてレンタル扱い
→故障や紛失さえしなければ、問題ない。レンタル料もかからない。

 

違約金が通常(スマホ等)よりも高い
→契約中に解約さえしなけらばなんの問題もなし。

 

口座振替だと月額料金が高い
→クレジットカードに比べると高いけど、実はどんなときもWifiの元のサービスである「グローカルネット」と同じ額なので、高いわけではない。

 

海外で使うプランが高い
→他社のWiFiルーターのレンタルは、1日に使える容量が少ないので安いが、どんなときもWifiは実質使い放題なのでコスパはいい。

 

 

結局どんなときもWifiのデメリットというより、メリットの説明になってない?


 

悪いところを伝えようと思ったんやけど、口コミをみても驚くほど高評価ばっかりやってん。


 

どんなときもWifiはおすすめできます♪はい。

 

 

\どんなときもWifiのキャンペーンはココだけ!/