UQ WiMAXの違約金1000円、縛りなしも選べる新プランとは

新ギガ放題

 

 

2019年10月から、UQ WiMAXの違約金が安くなりました。


 

スマホのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の違約金改正に伴って、UQ WiMAXも値下げをすることになったんです。

 

ドコモ&au 違約金:9,500円 → 1000円
ソフトバンク 違約金:9,500円 → なし

 

 

ドコモとauは更新月も1カ月から3カ月に延長されて、ソフトバンクは契約期間の縛りがなくなったんですよね。


 

違約金とは
契約期間の途中、つまり更新月以外で解約するときの契約解除料のことで、解約金ともいいます。

 

 

では「UQ WiMAX」の違約金はいくらになったのか?

 

以前のUQ WiMAXの違約金
1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目〜:9,500円

 

1,000円になりました。

 

めちゃくちゃ安くなりましたよね。

 

 

しかも契約期間は3年から2年になって、月額料金も安くなったんです。


 

契約期間:3年 → 2年
月額料金:4,380円 → 3,880円

 

利用者にとってうれしいことばかりですね。


 

月額料金にプラス170円すれば、契約期間なしの違約金なしで契約することもできるんですよ。


 

 

このプランは「UQ WiMAX」だけ!

 

UQ WiMAXの街頭広告

 

2年契約(+170円で縛りなし)、違約金1,000円のプランは、WiMAXの本家である「UQ WiMAX」だけのプランなので注意してください。

 

UQ WiMAX以外にWiMAXを取り扱っているプロバイダは多数ありますが、他のプロバイダからの申込みだと、これまでどおり3年&違約金9,500円〜19,000円の契約になります。

 

>>UQ WiMAXはこちらから

 

 

さらに詳しく知りたい方は読み進めてください。

 

 

お得になった反面、実はデメリットもあるんです・・。


 

 

違約金は1,000円になったけど、機種代がっ!

WiMAXの機種

 

UQ WiMAXの違約金が高かったのには理由があります。

 

1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目〜:9,500円

 

約20,000円とされる端末を3,800円で購入することが出来たんです。

 

20,000円 → 3,800円

 

「機種代を安くにする代わりに、契約途中で解約する場合は、端末代金をある程度負担してもらいますね。」ということです。

 

 

途中解約しないほとんどのユーザーにとってはメリットしかないですよね。


 

では、違約金が1,000円のプランだと、機種代はどうなるのか?

 

 

ユーザーが負担することになってしまいました。


 

Speed WiFi NEXT W06:15,000円
Speed WiFi NEXT WX05:15,000円
Speed WiFi HOME L02:15,000円
WiMAX HOME 01:15,000円

 

3,800円 → 15,000円

 

違約金が1,000円だと、すぐに解約する人もいるでしょうから、当然といえば当然なのかもしれませんが、3年間使う人にとっては、15,000円の出費が増えるだけということになってしまったわけです。

 

 

初期費用は、事務手数料3,000円と合わせて18,000円もかかるわけですね。


 

 

LTEオプションも有料に!

LTEの説明

 

地下鉄や郊外などでWiMAXの回線「WiMAX2+」だと電波が届きにくいときに、auのLTE回線を月に7GBまで使うことが出来るのがLTEオプションです。

 

料金は使った月だけ1,005円で、使わなかった月に料金はかかりません。

 

LTEオプション:1,005円(7GB/月)

 

 

3年契約だと無料で使うことができました。


 

ですが、UQ WiMAXには3年契約がなくなったので、当然LTEオプションを使うには、料金がかかるようになったのです。

 

せっかく月額料金が4,380円から3,880円に下がったわけですが、LTEオプションを使う人は、3,880円+1,005円=4,885円と割高になってしまったことになります。

 

 

UQ WiMAXの新プランってお得なんでしょうか・・。


 

他のプロバイダの料金プランはどうなった?

プロバイダ画像

 

UQ WiMAXの料金プランが新しくなって、他のプロバイダはどうなったのか?

 

とくとくBBBroad WiMAXなど人気のプロバイダは、これまでどおりの3年契約で、UQ WiMAXの系列会社であるBIGLOBEだけが、UQ WiMAXに寄せたプランに変更しています。

 

BIGLOBEのロゴ

 

UQ WiMAXとは若干ことなるので、カンタンに説明しておきます。

 

月額料金 3,980円
最低利用期間 1年
違約金 1,000円(1年だけ)
機種代

19,200円
24カ月払い

 

契約期間は1年で、月額はUQ WiMAXよりも100円高い3,980円

 

違約金は1年間は1,000円で、それ以降はいつでも0円。

 

ただし、この1年契約には”機種代が24カ月払い”という落とし穴があるので注意しなければいけません。

 

端末代はUQ WiMAXとは違って、一括ではなく分割払いになるのですが、本当に1年で解約したら、残りの端末代を一括で支払わないといけなくなるのです。

 

 

つまり2年間は実質月額4,780円で、契約期間は実質2年ということです。


 

感覚的にはUQ WiMAXよりも高く感じますが、キャッシュバックがある分だけ、実質的にUQ WiMAXよりも2,000円ぐらい安くなるので、契約期間が短くて違約金が少ない方がいい人は、BIGLOBEで申込むのがいいかも知れません。

 

>>BIGLOBE WiMAX 2+はこちらから

 

 

まとめ:結局いちばんお得なのはどこのWiMAX?

プロバイダと機種の画像

 

2年契約、1年契約、違約金1,000円

 

 

契約期間が短くなって、月額料金も安く、違約金も1,000円になったUQ WiMAXの新しいプランですが、実はあまりおすすめできません。


 

なぜなら機種代負担や、LTEオプション有料を含めて、デメリットが大きいからです。

 

それに、たとえこれまで通りの違約金を払ったとしても、UQ WiMAXよりも安く済ませることが出来るプロバイダがあります。

 

とくとくBBのロゴ

 

 

それはGMOの「とくとくBBのキャッシュバックキャンペーン」です。


 

\結局いちばんお得なのはココ!/

 

UQ WiMAXと比較してみました。

 

UQ WiMAX とくとくBB
月額料金 3,880円 実質約3,400円
機種代 15,000円 0円
LTEオプション 1,005円 0円
契約期間 2年 3年
違約金 1,000円 9,500円〜19,000円

 

 

15,000円を払わないといけない「UQ WiMAX」と、キャッシュバックがもらえる「とくとくBB」では、どちらがお得か一目瞭然ですね。


 

キャッシュバックで違約金を払ったとしても、まだキャッシュバックは残るわけですから、お得なはずですよね。