WiMAXでFPS/TPSは快適に遊べる?

PS4のFPS画像

 

地球防衛軍5、レインボーシックス、CoD:WWII、GRW、etc..。
PS4(プレステ4)で人気のジャンル「FPS/TPS」をオンラインで楽しむんやったら、WiFi環境がめっちゃ重要。

 

光回線以外でインターネット回線をさがしてるんやったら、WiMAXはおすすめやで!


 

WiMAXやったら、申込んだらすぐに届くから、早かったら明日からでもはじめることができるわ。

 

料金設定もわかりやすいし、キャンペーンから申込んだら激安なんや。

 

無制限のギガ放題4,380円
→キャンペーンで実質約3,300円!

 

>>WiMAXのキャンペーンランキングをみてみる

 

すぐにFPSをはじめたいんやったらWiMAXが最適やで。

 

 

でもFPS/TPS目的でWiMAXを申込むんやったら、不安もあると思うわ。


 

快適にオンラインでFPSを楽しもうと思ったら、WiMAXのエリアであることはもちろんやし、速度も遅すぎるとアカン。

 

Ping値が大きいとタイムラグが起きて、他の参加者に迷惑をかけることにもなってしまうからな。

 

あとは、十分な時間ゲームを楽しんでも通信制限にかからへんかどうかや。

  • 速度
  • つながり
  • Ping値(タイムラグ)
  • 通信量(通信制限)

 

確かにWiMAXは、光回線に比べるとデメリットはあるけど、問題なくFTPを楽しんでる人が多いのも事実や。


 

YouTubeにWiMAXでFPS/TPSやってる動画が、いっぱい上がってることでもわかるわ。

 

ネット上にはマイナスの口コミもあるけど、それを言い出したら光回線も同じやからな。

 

それに、今よりも性能がよくない古い時代の情報も多いんやで。

 

WiMAXは年々進化してるから、デメリットもどんどん改善されていってるんや。

 

 

トップページへのリンク

 

 

■オンラインゲームに必要な速度は?

最近のゲームは画質もええし、オンラインやからごっつい速度が必要やと思うやろ?

 

でも実はオンラインゲームって、そんなに速度は必要ないんやで。

 

YouTubeに、1Mbpsでモンハンの協力プレイができることを、実証してる動画が上がってるぐらいや。

 

さすがに1Mbpsやと、プレイできたとしても落ち着いてゲームに集中できひん気がするけどな。

 

オンラインゲームには、下り速度10Mbpsもあればええと思うで。

 

不安定になることを考えて、30Mbpsぐらいあれば”なおいい”って感じやな。

 

 

光回線の比較サイトには、オンラインゲームには実測で100Mbpsぐらいあった方がいいって書いてあったで。


 

それは、オンラインゲームには10Mbpsもあれば十分ですって書いたら、光回線が売れへんからやろ。

 

4K動画だって25Mbpsあれば、快適に見ることができるって言われてるんやで。

 

 

上り速度はどれくらい必要なん?


 

上り速度、つまりアップロードのスピードは、さらに少なくても大丈夫やで。

 

5Mbpsを下回らへんぐらいあれば問題ないやろ。

 

10Mbps出れば完璧や。

 

 

トップページへのリンク

 

■オンラインゲームに必要な通信量は?

 

ゲームの種類によってピンキリやから、「1時間に○メガバイト必要です。」ということは言われへんねん。


 

でも、高画質動画を見たりするのに比べたら、実はオンラインゲームの通信量はたいしたことあらへん。

 

ネット上で、通信量を公開してるゲームサイトを調べてみた結果

 

だいたい30MB〜150MBということがわかったわ。

 

 

けっこう幅があるんやね。


 

150MBは、あくまでも最大で、1時間に50MBぐらいってゆうのが一番多かったわ。

 

■WiMAXには通信制限があるけど大丈夫?

通信制限のイメージ画像

 

WiMAXには通信制限があるから、オンラインゲームには向かへんと思ってる人も多いけど、WiMAXの通信制限はそんなに厳しいものじゃないんやで。


 

通信量が3日間で10GBまでやったら、通信制限にはかからへんねん。

 

オンラインゲーム1時間にかかる通信量の最大値150MBで計算しても余裕なんや。

 

3日で10GBまでやから、1日に約3.3GBまで使えるってゆうことやろ?

 

3.3GBは約3300MBやから、150MBで割ると1日に22時間も使うことができることになるんや。

 

 

150MBは最大値やから、実際にはもっとできるということやね。


 

ソフトのダウンロードやアップデートには注意!

ゲームをすること自体には、大して通信量はかからへんことは分かったけど、ゲームソフトをダウンロードしたり、ソフトの更新(アップデート)するときは、光回線とかWifiスポットに接続してから行った方がいいで。

 

 

WiMAXで、ソフトのダウンロードができないわけやないけど、通信量が10GBぐらい軽く超えてしまうんや。


 

そうなると通信制限にかかるから、速度制限されてしまうねん。
(※3日で10GBを超えた翌日の18時〜翌2時のあいだ約1Mbpsに制限)

 

 

トップページへのリンク

 

■オンラインでラグを起こさないためのPing値は?

速度も通信量もWiMAXで十分まかなえるけど、問題はPing値やってゆう人も多いんとちゃうやろか?

 

Ping値ってゆうのは、反応の速度やから、ダウンロードやアップロードの数字と違って、少なければ少ないほど良くて、単位はms(ミリ秒)や。

 

この数値が大きければ大きいほど、プレイにタイムラグ(遅延)が起こりやすくなってくるんや。

 

 

オンラインゲームにはPing値はどれくらいやったらいいの?


 

80ms以下で、理想は50ms以下や。

 

80ms以上やとちょっと不安で、100msを超えたら厳しいかも知れへん。

 

■HOME L02の実測とPing値を公開

HOME L02の実測2

 

 

2019年1月発売のホームルーターSpeed WiFi HOME L02の実測とPing値を測ってみたから目安にしてや。


 

WiMAXは周波数帯の2.4Ghzと5Ghzを選ぶことができるから、2つの周波数帯で計測してみたで。

 

1回目(2.4Ghz)
HOME L02の実測1

 

2回目(5Ghz)
HOME L02の実測2

 

下り速度も、上り速度も問題ないやろ?

 

正直なかなかええ数値やと思うで。

 

Ping値が50msをちょっと超えてるけど、光回線やなくて無線やということを考えたら、許容範囲ということでええんとちゃうかな。

 

■WiMAXはPS4と有線LAN接続ができるで!

HOME L02の有線LAN接続

 

できるだけPing値を下げたいんやったら、有線LAN接続という方法があるで。

 

PS4にも、WiMAXのSpeed NEXT HOME L02にも、LANケーブルを挿すLANポートがあるから、有線で接続することができるねん。

 

LANケーブルは電気屋さんで、いろんな長さのやつが数百円で売ってるわ。

 

LANケーブルには、5、5e、6、6A、7、7A、8、と数字が書かれてるんやけど、数字が大きいほど高速に対応してて、値段もちょっとずつ高くなっていくねん。

 

8までは必要ないけど、最低でも5e以上のLANケーブルを選ぶことを、おすすめするで。

 

無線でつなぐよりもPing値に期待できるねん。

 

モバイルWiFiルーターでも、クレードルを使えば、有線LAN接続はできるんやで。

 

WX05とクレードル
Speed WiFi NEXT WX05とクレードル

 

■PS4に最適な機種はHOME L02と、WX05

WiMAXで、どの機種がPS4のオンラインゲームに向いてるかといったら、間違いなくSpeed NEXT HOME L02やわ。

 

HOME L02の画像

 

光回線にいちばん近いホームルーターと言ってもええやろ。

 

LTE回線を使ったハイスピードプラスエリアモードでは、有線LAN接続での最大下り速度は1Gbpsやからな。

 

 

ポケットWiFi型のモバイルWiFiルーターやったら、WX05かW06やな。


 

W06とWX05の画像
画像左:W06 右:WX05

 

WX05は、別売りのクレードルがあれば、PS4と有線LAN接続ができるんや。

 

W06は有線LAN接続はできひんけど、もともとの速度がWX05よりも速いねん。

 

W06 WX05

有線LAN接続:×
最大速度:558Mbps/30Mbps
(LTE併用時:1.2Gbps/75Mbps

有線LAN接続:○
最大速度:440Mbps/30Mbps

  • Speed NEXT HOME L02
  • Speed WiFi NEXT W06
  • Speed WiFi NEXT WX05

 

PS4のFPS/TPSをオンラインで楽しみたいんやったら、この3機種から選べば間違いないわ。


 

WiMAXをいちばんお得に申し込むには

プロバイダ画像


 

WiMAXは、プロバイダのキャンペーンから申込むことでメチャメチャお得に申し込むことができるんやで!



でも注意せなアカンのがプロバイダ選びや。


キャンペーンは毎月変わるから最新の情報で選ばなあかんねん。


ホンマはお得じゃないキャンペーンをおすすめしてるサイトもあるから気ぃつけてや!

 

9月のランキングはコレや!

スマホはスクロール→

順位

キャンペーンタイプ

実質月額 主な特徴 公式サイト

1位 とくとくBB
キャッシュバックキャンペーン

約3,320円

・総額最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


2位 とくとくBB
月額割引キャンペーン

約3,360円

・月額料金最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


3位 JPWiMAX
月額割引+ギフト券

約3,600円

(3,349円)

・契約後すぐギフト券
・もらい忘れがない
・月額も安い

星4.5


4位 BIGLOBE
キャッシュバックキャンペーン

約3,417円

・月額値引きも選べる
・口座振替ならココ
・即日発送対応

星4


5位 Broad WiMAX
月額割引キャンペーン

約3,520円

・他社から乗り換えお得
・口座振替に対応
・即日発送対応

星3.5


6位 DTI WiMAX+ 約3,534円 ・初月と翌月0円
7位 カシモWiMAX 約3,541円〜 ・旧機種が安め
8位 So-net 約3,950円 ・サポートの充実

 

ランキングポップ

今月は人気No.1のキャンペーンが1位!