充電しながら使える?充電しっぱなしでも大丈夫?

W06とWX06

 

 

WiMAXの「W06」と「WX06」って、充電しながら使うことは出来るんですか?


 

WiMAXには据え置き型のホームルーターと、ポケットWiFi型のモバイルルーターとがあります。

 

WiMAXのタイプ別機種

 

 

ホームルーターは、コンセントに挿したまま使うのが当たり前ですが、「W06」「WX06」のようなモバイルルーターを、充電しながら使うことが出来るのか悩んでいる人が多いみたいですね。


 

・充電しながらでも、使うことが出来るのか?
・充電コードに挿しっぱなしで、バッテリーに悪くないのか?

 

バッテリーが切れてしまったときや、自宅でもインターネット接続をする人にとっては、重要なことですよね。

 

 

結論から言うと、充電しながらでも使うことができます。


 

充電ちゅうのW06

 

バッテリーが切れたときでも、コンセントやパソコンのUSBなどの充電環境があれば、すぐに使うことができるわけです。

 

 

充電しっぱなしでも、バッテリーに悪影響はないんですか?


 

バッテリーは使えば劣化するのは当たり前ですから、充電しっぱなし状態にしないに越したことはありません。


 

劣化すると、バッテリーの持ち時間が減るし、最悪の場合は膨張する可能性もあります。

 

ただし、ほとんどのユーザーが、自宅では充電コードに挿したまま使っているというのが現状ではないでしょうか。

 

充電しながらの利用 → 可能!
充電しっぱなしで使う → 可能だけど多少リスクも

 

バッテリーの劣化については知っておいた方がいいこともありますし、劣化をできるだけ防ぐ方法もあります。

 

 

また「W06」と「WX06」では、事情がちょっと違うこともあるので、説明していきたいと思います。


 

WiMAXキャンペーン情報!
WiMAXの申込みについては、各プロバイダの総額を調査した結果、GMOとくとくBBのキャンペーンから、最安値で申込めることが明らかになりました。

 

高額キャッシュバックがもらえる「キャッシュバックキャンペーン」または、毎月の支払いが安い「月額割引キャンペーン」のどちらかを選んで申込むことができます。

 

 

 

 

バッテリーは劣化するし寿命もあります

WiMAXの電池の画像

 

 

WiMAXのモバイルルーターのバッテリーにはリチウムイオン電池という電池が使われています。


 

リチウムイオン電池は、スマホやタブレット、ノートパソコンなどにも使われていて、小さくても大容量の電気を貯めることができるという特徴があるんです。

 

そんな「WiMAX」にも使われている”リチウム電池”ですが、永遠に充電を繰り返して使えるわけではないありません。

 

電池は消耗品ですから、劣化もすれば寿命もあるわけです。

 

最悪の場合は膨張してしまうことも。

 

バッテリーが”リチウムイオン電池”の「W06」と「 WX06」は、コンセントから充電コードで充電するにしても、電気はバッテリーを経由して本体に配給されるので、電池が劣化するのは避けられないというわけです。

 

 

なんとかならないんですか?


 

使えば古くなっていくのは仕方がないですけど、使い方によって劣化する速度を遅くらせて、長持ちさせることはできるんですよ。


 

バッテリーが劣化する原因は?

 

バッテリーが劣化するのは、古くなるからですが、その原因はいくつかあります。


 

・充電を繰り返して使う
・充電せずに放置する
・充電しっぱなしにする

 

避けようがないのでは?


 

たしかに繰り返し充電することは避けられませんが、できるだけ電池にとっていい状態に保つことは可能なんですよ。

 

 

充電池にとっていちばんいい状態とは、こんな状態です。


電池のいい状態

 

バッテリーが切れる前に充電をはじめて、充電が完了したら、それ以上は充電をしないで使い始めるのがベストなんです。

 

とはいっても、充電をするたびに、いちいち充電コードをコンセントから抜き差しするというのは、現実的ではないですよね。

 

「W06」と「WX06」の機種ごとにおすすめ方法を説明していきます。

 

「W06」の充電を管理する方法!

WX06

 

 

基本的には起きている間はバッテリーが持つのであれば、コンセントに挿さずに使い続けて、寝る時に充電すればいいと思います。


 

バッテリーが持たない時は、充電しながら使えばいいでしょう。

 

問題は寝る時ですよね。

 

睡眠時間が7時間だとすれば、充電が終わっても100%の状態が続くので、過充電になってしまうわけです。

 

気になる方は、コンセントタイマーを使えば、過充電を防ぐことができますよ。

 

デジタルコンセントタイマー

 

コンセントタイマーがあれば、好きな時間で充電を止めることが出来るんです。

 

 

充電が完了する頃に、タイマーが切れるようにセットしておけばいいわけですね。


 

コンセントタイマーは千円ちょっとで買えますが、ゼンマイ式だと音がうるさいことがあるので、デジタル式がおすすめです。


 

 

 

 

WX06の充電を管理する方法!

WX06とクレードル

 

「WX06」は、別売りのクレードル(充電台)があるので、、余計に”充電しっぱなし状態”が気になる人が多いのではないでしょうか?

 

 

でも実は「W06」に比べて「WX06」は、過充電対策がカンタンなんです。


 

なぜなら「WX06」には、「ロングライフ充電」という機能があるからです。

 

WX06のロングライフ充電の画像

 

「ロングライフ充電」という名前からわかるように、バッテリーが長持ちするように、充電を管理してくれるという機能です。

 

具体的には、充電を70%までで抑えてくれるので、過充電を防ぐことが出来るというわけです。

 

つまり充電コードにつないだままでも、過充電になる心配がありません。

 

 

クレードルに挿したまま使っても大丈夫ということですね。


 

70%までしか充電できないので、バッテリーの持ち時間が短くなるのがデメリットですが、バッテリーの劣化を防ぎたい方は「ロングライフ充電」を設定してみてはいかがでしょうか。

 

「W06」「WX06」の充電事情のまとめ

 

WiMAXのモバイルルーター「W06」「WX06」は、充電しながら使うことが出来る事がおわかり頂けたでしょうか?


 

最近はモバイルルーターの性能がよくなってきたので、ホームルーターのように、自宅の固定回線として使う人も増えてきているみたいです。

 

 

外でも使えるから便利ですよね。


 

実際にはあまり気にせずに、コンセントに挿したまま使っているユーザーが多いと思いますが、少しでも劣化を遅らせたいという方は、今回紹介した方法を試していただけたらと思います。

 

W06:コンセントタイマーで充電時間を調整する
WX06:「ロングライフ充電」に設定する

 

「W06」「WX06」をお得に申し込む方法!

プロバイダのイメージ画像

 

WiMAXは店舗で申込むよりも、ネットの販売代理店、いわゆるプロバイダが行ってるキャンペーンから申込むことで、圧倒的にお得に契約することができます。

 

サービスは同じなので安い方が絶対にお得!

 

 

ということで、今月のキャンペーンはどこがお得なのかをランキングにしました。


 

わかりやすくするために、キャンペーン特典を月額に換算して、実質月額を割り出しました。

 

UQ WiMAX」の月額料金3,880円を目安にご覧ください。

 

1位〜6位のキャンペーンは、機種代(15,000円)も無料で申込むことができますよ。

 

3月のランキングはコレだ!

スマホはスクロール→

順位

キャンペーンタイプ

実質月額 主な特徴 公式サイト

1位 とくとくBB
キャッシュバックキャンペーン

約3,348円

・月額料金最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


2位 とくとくBB
月額割引キャンペーン

約3,480円

・総額最安値
・サービス充実
・即日発送対応

星5つ


3位 Broad WiMAX
月額割引キャンペーン

約3,520円

・他社から乗り換えお得
・口座振替に対応
・即日発送対応

星3.5


4位 DTI WiMAX+
月額割引

約3,530円

・初月と翌月の月額0円
・3年後も値上がり無し
・その他サービス

星3.5


5位 カシモWiMAX 約3,540円〜 ・旧機種が安め
6位 So-net 約3,950円 ・サポートの充実
7位 BIGLOBE 約4,430円 ・要機種代19,200円