WiMAXにLTEは必要?

 

UQ WiMAXを申込もうと思ったら、「LTEオプション料1,005円」というものがあって、なんのことやらわからなくて困ってない?


 

WiMAX

 

 

・このLTEオプションって必要なの?
・毎月1,005円も払わないといけないの?

 

そもそも「LTEオプション」ってなんなのかわからない人も、いるんと違うやろうか。

 

WiMAXのLTEオプションについて、分かりやすく簡単に説明していくで。

 

 

WiMAXのLTEオプションは必要?

UQ WiMAXのホームページにはこう書いてあるで。

 

LTEオプション1,005円/月
※ハイスピードプラスエリアモードでLTE通信をご利用の月のみLTEオプション料がかかります。

 

 

さっぱりわけがわからへんわ。


 

わかりやすく説明すると、WiMAXで普段使うのが「WiMAX2+」という回線やねん。

 

そして携帯とかスマホで主に使ってるのが、LTE回線や。

WiMAX:WiMAX2+
スマホ:LTE

 

LTE回線はスマホで使ってるぐらいやから、メッチャつながりがいいねん。

 

ここまではわかるやろ?

 

 

WiMAX2+だけでもよく繋がる人もいれば、地域や行動範囲によっては、繋がりにくいこともあるわけや。

 

そんなときに、スマホぐらいよくつながるLTE回線が使えたら便利やろ?

 

それがWiMAXのLTEオプションや。

 

月に7GBまでauのLTE回線を使うことができるねん。

 

 

使った月だけ1,005円かかるけど、使わなかった月は払う必要ないんやで。


 

 

ハイスピードプラスエリアモードって何のこと?


 

回線をWiMAX2+からLTEに切り替えたときのモードのことを、ハイスピードプラスエリアモードと呼んでるねん。

 

WiMAX2+:ハイスピードモード
LTE回線:ハイスピードプラスエリアモード

 

WiMAXのユーザーはみんなLTEを使ってる?

はじめての人やと、実際に使うのか?どんなときに使うのか?がわからへんと思うわ。

 

一回でも使ったら、その月は1,005円の追加料金がかかるわけやから、バカにできひんわな。

 

UQ WiMAXの月額料金は3,880円やから、LTEオプションを使った月は、4,885円ということになるねん。

 

 

ほぼ5千円やん!


 

 

どれくらい使うかというのは、人によるんや。

 

一般的には「地下」とか「郊外」とか「大きな建物(ビルとか)の中」やとWiMAX2+だけでは繋がりにくいと言われてるねん。

 

でもそういったところに行かへん人は、LTE回線の必要はないかも知れへん。

 

 

最近はWiFi環境がよくなってきたから、昔ほどLTE回線が必要ではなくなってきてるというのもあるわ。

 

地下鉄でもつながることが多いし、デパートとか大きな施設の中でも、電波がつながりやすくなってたりするんや。

 

それに少しでも使ったら1,005円かかるかと思うと、なかなか使われへんのとちがうやろうか。

 

 

「LTEはあれば便利やけど、お金を払ってまでは使う人は少ない」というのが答えやな。

 

 

LTEはキャンペーンで申込んだら無料でつかえるで!

WiMAX

 

LTE回線が使えれば便利そうやけど、月に1,005円はキツイ。

 

そんな人は、UQ WiMAXではなくて、販売代理店(プロバイダ)のキャンペーンから申込んだら解決やで。

 

月額料金の中に、LTEオプション料が含まれてるから、追加料金を気にせんと使うことができるねん。

 

タダやから、ちょこっとだけ使う時も気が引けへんでいいわけや。

 

 

でもその分料金が高いんでしょ?


 

そんなことないで、高くなるどころか安くなるねん。


 

UQ WiMAXの料金
月額料金:3,880円
LTEオプション料:1,005円
機種代金:15,000円

 

キャンペーンでの料金
平均月額料金:約3,300円(LTEオプション料込)
機種代金:0円

 

>>激安キャンペーンをみてみる

 

 

なんでキャンペーンはこんなにお得なん?


 

それはUQ WiMAXの販売代理店は、自由に料金を設定したりキャンペーンをすることができるからやねん。

 

UQ WiMAXは宣伝はするけど、販売はほとんど販売代理店に任せてるんや。

 

販売代理店はたくさんあって競ってるから、どんどん安くなるというわけや。

 

 

ただし販売代理店にもデメリットが一つだけあるねん。

 

それは違約金がUQ WiMAXよりも高いということや。

 

UQ WiMAXの違約金は1,000円やねんけど、販売代理店の違約金は9,500円以上やねん。

 

UQはスマホの違約金に合わせて、値下げしたけど、販売代理店はキャンペーンとの兼ね合いもあるから、まだそのままになってるわけや。

 

でも逆にそのおかげで、UQよりも激安価格でWiMAXを使うことができるんやで!

 

 

 

LTE使い放題の「どんなときもWifi」が話題

どんなときもWifi

 

WiMAXも販売代理店のキャンペーンから申込めば、LTEオプション料は必要ないことはわかった。

 

でもデメリットが一つあるねん。

 

LTEは月に7GBまでしか使われへんということや。

 

 

それじゃあ足りひんの?


 

繋がりにくい時だけ使うわけやから、7GBあればかなりまかなうことはできるんやけど、使いすぎてしまうと通信制限にかかってしまうねん。

 

7GBを超えるとLTE回線だけではなくて、WiMAX2+までが使いものにならへんぐらい、速度を制限されるんや。

 

それに、いちいちモードを切り替えるのも面倒やしな。

 

 

そこで今話題なんが、「どんなときもWifi」なんや。

 

 

CMでもやってるから知ってる人も多いともうけど、LTEを無制限で使うことができるポケットWiFiやねん。

 

いくら使っても通信制限にかかることがないから、WiMAXから乗換える人も出てるぐらいなんやで。

 

月額料金も3,480円という安さやから、LTEを好きなだけ使いたい人は、どんなときもWifiを選ぶのもアリやで。

 

>>どんなときもWifiをみてみる