WiMAX+5ホームルーターは持ち運びOK?ドコモhome5Gやソフトバンクエアーは?

 

WiMAXの機種にはポケットWiFi型のモバイルルーターと、コンセントに繋いで使う据え置き型のホームルーターがあります。


 

WiMAX+5Gのキャッチ画像

 

・モバイルルーター
・ホームルーター

 

モバイルルーターは、もちろん持ち運びができるわけですが、ホームルーターは持ち運びができるのか?気になっている方が多いみたいなので調べてみました。

 

もちろんそんなに大きくも重くもないので、持ち運ぶこと自体は出来るのですが、固定回線代わりに使うのが目的のホームルーターを、自宅以外でも使用することが出来るのかどうかということです。

 

使えて当たり前だという方もいると思いますが、例えば、ソフトバンクが提供しているソフトバンクエアーや、ドコモが提供しているドコモhome5Gは、利用規約によって登録した住所以外で使用することが出来ないようになっているんです。

ドコモhome5Gの場合

設置場所住所(home 5G):
ご契約時にご契約者住所に加え、当社に申告・登録いただいた国内における home 5G 専用ルーターの設置場所を
いいます。(以下同じ)
なお、当社にご登録いただいた設置場所住所(home 5G)以外でのご利用は出来ません。

 

最悪の場合は強制解約になる場合もあるようです。

 

 

だからWiMAXのホームルーターは持ち運んで使うことが出来るか気になっている人が多いんですね。


 

結果から言うと、WiMAXのホームルーターは持ち運びOKです!


 

自宅以外の場所へ持って行って、コンセントに挿せば、その場所がWiFiスポットに早変わりということになるわけです。

 

持ち運べると、こんなことができます!
・実家に帰省するときに持っていける
・車でドライブするときにもネットが使える
・しばらく入院することになっても持っていける
・自宅だけでなく職場など、複数の場所で使える
・会議やスクールなどでも使える
・旅行やキャンプなどにも持っていける

 

これだけでもソフトバンクエアーやドコモhome5Gより、WiMAXを申込む価値がありそうですよね。

 

もちろん最初からモバイルルーターを選ぶのもアリです。

 

\WiMAX+5Gのキャンペーンはこちら!/

 

 

ソフトバンクエアーやドコモhome5Gはダメなのに、なぜWiMAXは住所以外で使えるのか?

ターミナル5 HR01 L12

 

WiMAXのホームルーターも、ソフトバンクエアードコモhome5Gも見た目はよく似ているし、同じようなサービスなのに、なぜWiMAXだけどこで使ってもいいのか気になりますよね。

 

 

公表しているわけではないので詳しくはわからないのですが、ソフトバンクエアーやドコモhome5Gは、移動体通信サービスではなく、固定回線のサービスとして提供していることに関係がありそうです。


 

地域ごとの利用者の数を把握するといった役割も果たしているみたいですよ。


 

それに対してWiMAXは、もともとモバイルルーターをメインにしたサービスからはじまっているので、移動して使えて当たり前と言えるかも知れません。

 

ソフトバンクエアーやドコモhome5Gだと、引越しのときも登録住所の変更をしなければいけませんが、WiMAXなら引越し先に荷物と一緒に持っていけば、引越してすぐにネットにつなげることも出来てしまうのです。

 

WiMAXは持ち運びができるというだけでなく、料金だってかなり安く申し込めるキャンペーンがあるんですよ。

 

ソフトバンクエアー ドコモhome5G WiMAX+5G

基本月額

4,880円
(税込5,368円)

4,500円
(税込4,950円)

4,380円
(税込4,818円)

本体代金 71,280円税込 39,600円税込 21,780円税込
本体無料の条件 36回払いの完了 36回払いの完了 なし

キャンペーンを利用した場合の実質月額

約3,675円
(税込4,105円)

約4,146円
(税込4,602円)

約3,460円
(税込3,806円)

 

\WiMAX+5Gのキャンペーンはこちら!/

 

WiMAX+5Gなら実家への規制や入院時にも活躍!

帰省

 

 

お盆や正月に田舎に帰省するときって、WiFi環境が気になる人が多いですよね?


 

インターネット環境が整っていればいいですが、電波が悪かったり、親戚が集まってて十分な通信ができなかったりということはないでしょうか?

 

仕事でインターネットを使うなら、特にネット環境は大事ですよね。

 

 

急な入院でWiFiルーターを探す人も多いみたいですよ。


 

入院するとなったら暇なので、ネット環境は絶対に合った方がいいですからね。

 

でも入院することになってから、WiFiサービスを探すのも大変だし、料金だって余計にかかってしまうことになります。

 

レンタルもありますが、1週間や2週間の短期レンタルって、かなり料金が割高になってしまったりするわけですが、WiMAXなら病室に持っていけばいいだけなのです。

 

WiMAXなら自宅と職場で使うことも可能!

仕事

 

大企業で働いている人には関係ないかも知れませんが、自分でお店をやったり小さい会社を経営しているような人なら、自宅と職場でひとつのWiFiが使えたら節約にもなりますよね。

 

自宅でも使って、仕事に行くときはカバンに入れて持っていく。帰宅したらまた使う。

 

実際に筆者の知人は、自分のお店と自宅でWiMAXを活用しています。


 

女性

 

WiMAXのホームルーターなら、女性でも片手で持てるサイズと重さなので、カンタンに持ち運ぶことも出来るわけです。

 

モバイルルーターとホームルーターの違いは?

モバイルとホームルーター

 

 

同じことが出来るのに、なぜモバイルルーターとホームルーターでは大きさや形が全然違うのか気になりますよね。


 

モバイルルーターとホームルーターの違い
・アンテナ
・電気の配給元
・同時接続台数

 

 

まずアンテナは、ホームルーターは基本的には自宅専用なので、壁が厚かったり2階や階建ての家に対応するために、大きなアンテナが必要だったわけです。


 

モバイルルーターのアンテナは小さいままで性能がよくなり、ホームルーターはアンテナの軽量化によって、サイズがどんどん小さくなってきているという違いもあります。

 

次に電気の配給元ですが、ホームルーターはコンセントからで、モバイルルーターはコンセントから充電した充電池からという違いがあります。

 

充電池

 

充電池はスマホと同じリチウムイオン電池で、やはりスマホと同じようにバッテリー持ちは弱くなってくるので、交換する必要が出てくるかもしれませんね。

 

同時接続台数は、同時にスマホやパソコンなど複数の端末を、どれだけインターネットにつなぐことが出来るかという台数のことですが、モバイルルータで10数台程度、ホームルーターだと30〜40台程度になります。

 

10台以上つなぐという方は、機種を購入する前に同時接続台数をチェックするようにして下さい。

 

WiMAX+5Gのホームルーターならこんな使い方も

ドライブ

 

 

WiMAX+5Gのホームルーターは持ち運びOKですが、、コンセントのないところでも使用する方法があります。


 

例えば、自動車のシガーソケットを使えば、ドライブ中もみんなでインターネットにつなぐことが出来ますし、ポータブル電源(コンセントのある充電器)を使えば、キャンプ場や海なんかで使うこともできますよ。

 

山や海、キャンプ場などは電波が悪いこともあるかも知れませんが、WiMAX+5Gなら手動で電波の届きやすいプラスエリアモードに切り替えることができるので、安心です。

 

WiMAX+5Gのホームルーターのおすすめ機種は?

HOME 5G L12

 

 

ずばりSpeed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめです!


(とはいっても現時点で5G対応のホームルーターは、このL12L11だけなんですけどね。)

 

最大速度は下り2.7Gbps、上り183Mbpsで、大きさも高さ18cm横幅10センチで重さが446g

 

ホームルーターのサイズとしてはかなりコンパクトですし、同時接続台数も40台で、Wi-Fi6に対応しているので、安定性も期待できる機種なのです。

 

HOME 5G L12のスペック

 

WiMAX+5Gのホームルーター持ち運びまとめ

WiMAX持ち運ぶ

 

ドコモやソフトバンクのホームルーターは、登録した住所以外での使用は禁止されていますが、WiMAX+5Gのホームルーターなら持ち運び自由なので、実家への帰省や入院時、仕事や遊びなど、様々な場面で活用することができます。

 

ソフトバンクエアー ドコモhome5G WiMAX+5G
登録住所以外での使用 禁止 禁止 OK
引越しの住所変更 申請が必要 申請が必要 必要なし

 

 

キャンペーンから申込んだ料金や条件もWiMAX+5Gがいちばんお得ですよ!


 

ソフトバンクエアー ドコモhome5G WiMAX+5G

基本月額

4,880円
(税込5,368円)

4,500円
(税込4,950円)

4,380円
(税込4,818円)

本体代金 71,280円税込 39,600円税込 21,780円税込
本体無料の条件 36回払いの完了 36回払いの完了 なし

キャンペーンを利用した場合の実質月額

約3,675円
(税込4,105円)

約4,146円
(税込4,602円)

約3,460円
(税込3,806円)

 

 

損しないためには、キャンペーン選びも重要なんですよね!


上記の料金で利用するには、21,780円の機種代無料&キャッシュバックがもらえる「GMOとくとくBB」のキャンペーンをご覧ください。